般若 心 経 真言宗 - 般若心経は何宗ですか?

真言宗 般若 心 経 真言宗の日々のお経の唱え方

「…なんだそうだ、般若心経」第一章

真言宗 般若 心 経 般若心経を唱える宗派は?

真言宗 般若 心 経 真言宗のお経「般若信教」の題目の意味7つ|本文の意味4つ

真言宗 般若 心 経 般若心経(真言宗)

真言宗 般若 心 経 「…なんだそうだ、般若心経」第一章

般若心経の意味と訳、唱え方、無料ダウンロード

真言宗 般若 心 経 般若心経とは?全文の意味をどの本よりもわかりやすく解説!(読み方・現代語訳付き)

真言宗 般若 心 経 真言宗(新義)

般若心経(真言宗)

真言宗 般若 心 経 般若心経とは?意味と由来と歴史と和訳を完全解説!|やさしいお葬式

「…なんだそうだ、般若心経」第一章

真言宗 般若 心 経 「…なんだそうだ、般若心経」第一章

真言宗 般若 心 経 『般若心経秘鍵』を読む(1)

「理趣経を読み解く」現代語訳

真言宗(古義)

説一切法清清句文・・あらゆる事象のすべては清らかである、という経句を説く 所謂・・いわゆる 妙滴清清句是菩薩位・・性行為による恍惚感は、清らかであるから菩薩の境地である 欲箭清清句是菩薩位・・愛欲の矢を放つことは、清らかであるから菩薩の境地である 触清清句是菩薩位・・性的な接触は、清らかであるから菩薩の境地である 愛縛清清句是菩薩位・・愛欲による束縛は、清らかであるから菩薩の境地である 一切自在主清清句是菩薩位・・性行為によって得られる解放感や支配感は、清らかであるから菩薩の境地である 見清清句是菩薩位・・愛欲の眼差しを向けることは、清らかであるから菩薩の境地である 適悦清清句是菩薩位・・性的な悦楽感は、清らかであるから菩薩の境地である 愛清清句是菩薩位・・性愛の感情は、清らかであるから菩薩の境地である 慢清清句是菩薩位・・性行為によって慢心する感情は、清らかであるから菩薩の境地である 荘厳清清句是菩薩位・・異性を意識して外観を飾る行為は、清らかであるから菩薩の境地である 意滋沢清清句是菩薩位・・性行為によって満ち足りた気分に浸る感覚は、清らかであるか ら菩薩の境地である 光明清清句是菩薩位・・性行中の光り輝くような感覚 絶頂感 は、清らかであるから菩薩の境地である 身楽清清句是菩薩位・・肉体的快楽は、清らかであるから菩薩の境地である 色清清句是菩薩位・・色欲を齎らす事象は、清らかであるから菩薩の境地である 声清清句是菩薩位・・色欲を齎らす声や音は、清らかであるから菩薩の境地である 香清清句是菩薩位・・色欲を齎らす香は、清らかであるから菩薩の境地である 味清清句是菩薩位・・色欲を齎らす味は、清らかであるから菩薩の境地である 何以故・・それはいかなることか 一切法自性清清故・・あらゆる事象は、その本性に於いて本質的に清らかであるからである 般若波羅蜜多清清・・したがって悟りに至る智慧の完成そのものも清らかなのである 金剛手・・金剛手菩薩よ 若有聞此清清出生句般若理趣・・もしこの「すべては清らかである、という悟りを生み出す真理に至る智慧の経句」を聞くことあらば 乃至菩提道場・・悟りを目指す修行の過程において 一切蓋障・・智慧を封じるすべての障害 及煩悩障・・及び悪しき想いや行為による障害 法障・・誤った教えに影響を受けて正法を疎んじる障害 業障・・前世の因縁による障害 設広積習・・それらが広く深く蓄積しても 必不堕於地獄等趣・・決して地獄などの悪しき世界に落ちることはない 設作重罪消滅不難・・たとえ重き罪を犯そうとも、その罪を消し去ることは難しいことではない 若能受持日日読誦作意思惟・・もし日々、読誦し暗唱し、思い巡らせるならば 即於現生証一切法金剛三昧耶地・・この世は堅固で永遠の輝きに満ちた悟りの世界であることを、たちどころに悟るであろう 於一切法皆得自在・・さらに世界のすべてを自由自在に操り作り上げることが出来 受於無量適悦歓喜・・この上ない快楽と喜びを享受することが出来るであろう 以十六大菩薩生・・これにより、十六大菩薩生という境地に至り 獲得如来執金剛位・・如来並びに執金剛の悟りを得ることが出来るであろう 時薄伽梵・・この時、世尊 大日如来 に対し 一切如来大乗現証三昧耶・・すべての如来が体現した大乗の悟り すべてのものを救い取る悟り を得て 一切曼陀羅持金剛勝薩埵・・すべての曼陀羅 悟りの世界 において最も活躍し、堅固で永遠の輝きを獲得した人であり 於三界中調伏無余・・さらに三界 欲界.

  • なお興味深いことに、サンスクリット語の原本 貝葉 ばいよう は、古く日本に伝わり、小本は法隆寺に、大本は奈良の長谷寺 はせでら に保存されてきた。 「舍利子」 釈迦の十大弟子 よ、この世の中のありとあらゆる物質 色 は空なのである。 即ち呪を説きて曰く、 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 サンスクリット語はある? 参考までにサンスクリット語も紹介しておきますね。 代金引換手数料について ご購入金額10,000円未満 330円(税込) ご購入金額10,000円以上 無料 返品・交換について 【お客様のご都合による返品】 申し訳ございませんが、お受けできません。 かんじざいぼさつ 観自在菩薩 ぎょうじんはんにゃはらみったじ 行深般若波羅蜜多時 しょうけんごうんかいくう 照見五蘊皆空 どいっさいくやく 度一切苦厄 しきふいくう 色不異空 くうふいしき 空不異色 しきそくぜくう 色即是空 くうそくぜしき 空即是色 じゅそうぎょうしき 受想行識 やくぶにょぜ 亦復如是 しゃりし 舎利子 ぜしょほうくうそう 是諸法空想 ふしょうふめつ 不生不滅 ふくふじょう 不垢不浄 ふぞうふげん 不増不減 ぜこくうちゅうむしき 是故空中無色 むじゅそうぎょうしき 無受想行識 むげんにびぜつしんに 無限耳鼻舌身意 むしきしょうこうみそくほう 無色声香味触法 むげんかいないしむいしきかい 無限界乃至無意識界 むむみょう 無無明 やくむむみょうじん 亦無無明尽 ないしむろうし 乃至無老死 やくむろうしじん 亦無老死尽 むくしゅうめつどう 無苦集滅道 むちやくむとく 無知亦無得 いむしょとくこ 以無所得故 ぼだいさった 菩提薩垂 えはんにゃはらみった 依般若波羅蜜多 こしんむけいげ 故心無圭礙 むけいげこむうくふ 無圭礙故無有恐怖 おんりいっさいてんどうむそう 遠離一切転倒夢想 くきょうねはん 究境涅槃 さんぜしょぶつ 三世諸仏 えはんにゃはらみつたこ 依般若波羅蜜多故 とくあのくたらさんみゃくさんぼだい 得阿耨多羅三藐三菩提 こち 故知 はんにゃはらみった 般若波羅蜜多 ぜだいじんしゅ 是大神呪 ぜだいみょうしゅ 是大明呪 ぜむじょうしゅ 是無上呪 ぜむとうどうしゅ 是無等等呪 のうじょいっさいく 能除一切苦 しんじつふこ 真実不虚 こせつはんにゃはらみつたしゅ 故説般若波羅蜜多呪 そくせつしゅわつ 即説呪曰 ぎゃていぎゃていはらぎゃてい 羯帝羯帝波羅羯帝 はらそうぎゃてい 波羅僧羯帝 ぼうじ 菩提 そわか 僧莎訶 はんにゃしんぎょう 般若心経 般若心経の和訳 漢字の羅列では何を伝えようとしているのか分かりづらい般若心経ですが、下記のような教えがあります。 金剛薩埵様は 入一切如来菩薩・・すべての如来や菩薩の 三昧耶加持三摩地・・悟りのエネルギーを注入され、悟りの境地を体現した 説一切不空三昧耶心・・すべての空からざる悟りの心を 種字に表し お唱えされたのでした ウン 普賢 その時でした。 ウン 金剛薩埵 時薄伽梵毘盧舎那如来・・その時、世尊であられる毘盧舎那如来 大日如来 は 復説一切如来・・再びお説きになられました。 ビュ 七母女天 爾時末度迦羅天三兄弟等・・この時、三人の異教の最高神である梵天 ブラフマー神 、大自在天 シヴァ神 、那羅延天 ビシュヌ神 は 親礼仏足献自心真言・・親しく大日如来様のおみ足に礼拝し、自らの真の言葉を 種字に表し お唱えされたのでした ソハ 三兄弟 この時、三人の異教の最高神である梵天 ブラフマー神 、大自在天 シヴァ神 、那羅延天 ビシュヌ神 は、親しく大日如来様のおみ足に礼拝し、自らの真の言葉を 種字に表し お唱えされたのでした。 深いの状態で、 手に印を結ぶ身業と、 口に真言を唱える口業と、 心に阿字を念じる意業の行者の三業と、 の三業とが相応すれば、 行者の身口意と仏の身口意が融合します。 すべての悪しき者を打ち破り悟らせる智慧の蔵は、真理に導く道なのである 所謂・・いわく 一切有情平等故・・すべての生きとし生けるものは平等なのだから 忿怒平等・・あらゆる怒りもみな平等なのである 一切有情調伏故・・すべての生きとし生けるものの誤りは正されるものだから 忿怒調伏・・あらゆる怒りもまた誤りを正すことになるのである 一切有情法性故・・すべての生きとし生けるものの本質は悟りの次元に至っているのだから 忿怒法性・・あらゆる怒りもまた悟りの次元の行為なのである 一切有情金剛性故・・すべての生きとし生けるものは堅固不滅の輝きに満ちているのだから 忿怒金剛性・・あらゆる怒りもまた堅固不滅の輝きに満ちているのである 何以故・・それはいかなることか 一切有情調伏即為菩提・・すべての生きとし生けるものは誤りが正されれば、速やかに悟ることが出来るからである 時摧一切魔大菩薩・・この時でした。 すべての如来の 寂静法性現等覚出生般若理趣・・悟りの本質は「一切平等」であり、その 四智如来の 静寂な境地から生み出された叡智こそが、真理に至る唯一の道である 所謂・・それはいわゆる 金剛平等・・金剛のように堅固な平等 大円鏡智:阿閦如来の悟りの智慧 現等覚以大菩提金剛堅固故・・なぜならそれは、「一切平等」という如来の偉大な悟りの現われが、ダイヤモンドのように堅固不滅であるからである 義平等・・あらゆるものが仏の慈悲によって差別なく恩恵を受ける平等 平等性智:宝生如来 の悟りの智慧 現等覚以大菩提堤一義理故・・なぜならそれは、「一切平等」という偉大な如来の悟りの現われが、一様にあらゆるものに恩恵を与えるからである 法平等・・あらゆるものに仏の教えが行き渡る平等 妙観察智:阿弥陀如来の悟りの智慧 現等覚以大菩提自性清清故・・なぜならそれは、「一切平等」という偉大な如来の悟りの現われが清らかであるが故に、すべてに浸透するだからである 一切業平等・・あらゆるものに共通して働く平等 常所作智:不空成就如来の悟りの境地 現等覚以大菩薩一切分別無分別性故・・なぜならそれは、「一切平等」という偉大な悟りの現れが、その本質に於いて例外なく分け隔てがないからである 金剛手・・金剛手菩薩 金剛薩埵 よ 若有聞此四出生法読誦受持・・もし、四智の如来から生み出された、この「四つの一切平等」の教えを読誦し、常に身に保ち持っているならば、 説使現行無量重罪・・たとえ今ここで数え切れないほどの重い罪を犯したとしても 必能超越一切悪趣・・墜ちるべきあらゆる悪しき世界を遥かに超越し、 乃至当坐菩提道場・・必ずや悟りに向かう道場に座して 速能剋証無上正覚・・速かに最高の悟りを得ることが出来るだろう 時莫迦梵如是説已・・この時、世尊は、この「四つの一切平等の教え」を 欲重顕明此義故・・明確に表現しようと思い 熙怡微笑持智拳印・・お顔に微笑みを浮かべながら、両手で智拳印を結び 説一切法自性平等心・・すべてはその本質において平等である、という悟りの心を 種字に表わし 唱えられたのでした アーク 大日如来 その時でした。 大きな法の輪にあらゆる生きとし生けるものを導く境地は、まさに悟りの智慧に至る道である 所謂・・いわく 入金剛平等・・金剛平等 金剛のように堅固で輝きに満ちた平等 の輪に入ることは 即入一切如来法輪・・すなわちすべての如来の真理の輪に入ることに他ならない 入義平等・・義平等 すべてのものに施しを与える平等 の輪に入ることは 即入大菩薩輪・・すなわち偉大な菩薩たちの慈悲の輪に入ることに他ならない 入一切法平等・・法平等 すべてのものに真理を教える平等 の輪に入ることは 即入妙法輪・・すなわち宇宙の真理そのものの輪に入ることに他ならない 入一切業平等・・業平等 すべてのものに働きかける平等 の輪に入ることは 即入一切事業輪・・すなわち宇宙の働きそのものの輪に入ることに他ならない 時纔発心転法輪大菩薩・・その時でした。.

  • これは、平等にあらゆるものが堅固不滅に光り輝いているという阿閦如来の智慧 大円鏡智 を示し、なおかつ金剛部 金剛頂経・金剛界品に説かれているところ の悟りの世界 曼陀羅 を意味している。 あらゆる現象は平等であり 観自在智印出生般若理趣・・それはすべてを自在に観てすべてを救済すること自在な観自在の働きより顕わされた智慧に至る真理への道に他ならない 所謂・・いわゆる 世間一切欲清浄故・・世の中にあるあらゆる欲望は清らかなのだから 即一切瞋清浄・・すなわちあらゆる怒りは清らかなのである 世間一切垢・・世の中のあらゆる心の汚れは 清浄故即一切罪清浄・・清らかなのだから、あらゆる罪は清らかなのである 世間一切法清浄故・・世の中のあらゆる現象は清らかなのだから 即一切有情清浄・・すなわちあらゆる命あるものは清らかなのである 世間一切智智清浄故・・世の中のあらゆる智慧は清らかなのだから 般若波羅蜜多清浄・・悟りに至る智慧は清らかなのである 金剛手・・金剛手よ 若有聞此理趣受持読誦作意思惟・・もしこの「あらゆるものは本来清らかである」という真理を常に身に保ち、読誦し、想い巡らせるのならば 設住諸欲猶如蓮華・・様々な欲望に塗れた世界に居ようが、蓮華の如く 不為塵諸垢所染・・諸々の塵芥 ちりあくた に染まることはない 疾証無上正等菩提・・すぐさま最高の悟りに至るだろう 時莫迦梵・・この時、世尊 大日如来 は 観自在大菩薩欲重顕明此義故・・観自在大菩薩は、この「あらゆるものは本来清らかである」という教えを明確に表現しようと 熙怡微笑・・お顔に微笑みを浮かべ 作開敷蓮華勢観欲不染・・蓮華の花が咲き誇るような勢いを見せ、あらゆる欲望に染まらない 説一切群生・・すべての命は 種種色心・・様々に彩られた心を持つ キリーク 観自在 その時、世尊 大日如来 は、あらゆるものは本来清らかであることを顕わすために、自性清浄法性如来 観自在王如来 様に変身されました。 世尊 大日如来 は、あらゆるものが平等であることを顕わす曼陀羅の世界を体現する一切平等建立如来 普賢菩薩の如来形 に変身され 復説一切法三昧耶・・再び法を説かれました。 送料について ご購入金額10,000円未満 580円(税込) 北海道・沖縄県=1,080円(税込) ご購入金額10,000円以上 無料 尚、海外への発送はお取り扱いできません。 では大日如来様は、どこで説法をされたかと言うと、すべての如来によって賛美され称讃される、彼らがいつも遊びに来るところの他化自在天 たけじざいてん の王宮の中にある大摩尼殿 だいまにでん である。 世尊 大日如来 は、欲界、色界、無色界というすべての世界の施しの主である一切三界主如来 宝生如来 に変身されました。 纔発心転法輪菩薩は、この『あらゆるものを法輪に導き入れる四つの真理 四種の輪円 』という教えを、さらに明確に表現しようと、お顔に微笑みを浮かべ、金剛輪 八肢を備えた金剛の輪 を右中指で回しながら、金剛不滅の悟りの心を 種字に表し お唱えされたのでした。 「合殺」は「ひろしゃだふ〜」と歌うように八回唱えることで、なぜ合殺なんて物騒な名前かというと、分散 殺 していた心を集中 合 するという意味。 すべての如来の智慧の活動は、悟りに至る智慧の真理への道に力を与えることに他ならない 所謂・・謂く 持一切如来身印即為一切如来身・・すべての如来の身体活動を身につければ、すなわちそれは、すべての如来の身体そのものになる 持一切如来語印即得一切如来法・・すべての如来の言語活動を身につければ、すなわちそれは、すべての如来の真理を説くものとなる 持一切如来心印即証一切如来三摩地・・すべての如来の心の活動を身につければ、すなわちそれは、すべての如来の悟りの境地を持つものとなる。 タラーン 虚空蔵 時薄伽梵得一切如来智印如来・・その時、世尊は、すべての如来が持つ智慧の活動を司る一切如来智印如来 不空成就如来 に変身されました 復説一切如来智印加持般若理趣・・そしてまた法をお説きになりました。 文殊菩薩の境地である、宇宙の本質としての種字 ひと文字で顕わす仏の智慧 アを始めとした一切の言音を自由自在に操り、生きとし生けるものを導く智慧は、悟りに至る智慧の完成へと向かう道である 所謂・・いわく 諸法空与無自生相応故・・この宇宙のあらゆる現象は実体のないエネルギー空間 空 から生み出されたものだから、そもそもその本質には実体がない。 さらに金剛界大マンダラ 成身会 にも登場する金剛嬉菩薩、金剛鬘菩薩、金剛歌菩薩、金剛舞菩薩、いわゆる「嬉鬘歌舞 きまんかぶ 」の四女菩薩も、金剛薩埵の遊び女 あそびめ であり、門衛を務める金剛鉤菩薩、金剛索菩薩、金剛鏁菩薩、金剛鈴菩薩、いわゆる「鉤索鏁鈴 こうさくされい 」も、性別ははっきりとはしていないまでも、金剛頂経のコンテキスト 文脈 から女菩薩と読み解ける。 題全体の「 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 ( ブッセツマーカーハンニャーハーラーミーターシンギョウ )」というのは、「仏さまが説いた[仏説]、彼岸に到るための[波羅蜜多]、偉大な[摩訶]、智慧の[般若]、エッセンスの[心]、教え[経]」ということです。 仏教における空 くう とは その一つが「 空(くう)」という捉え方。 空は悟りの内容である 般若心経に出てくる空は 「舍利子」 釈迦の十大弟子 よ、この世の中のありとあらゆる物質 色 は空なのである。 この経典は、「金剛頂経を読み解く」の解説でも述べたように、「金剛頂経十八会 え 十万頌 じゅ 」という膨大な経典群のうちの第六会「大安楽不空三昧耶真実瑜伽 だいあんらくふくうさんまやしんじつゆが 」を簡略化したものとされている。 すべての如来が体現した大乗の悟り あらゆるものを救い取る悟り を得て、すべての曼陀羅世界 悟りを体現した世界 においてもっとも活躍し、堅固で永遠の輝きを獲得した人であり、さらに三界 欲界・色界・無色界というすべての世界 に蔓延るあらゆる障害を余すところなくこらしめる力を持ち、すべての真理を完成させた金剛手菩薩 金剛薩埵 は、世尊 大日如来 に向かい、その教えをさらに明確にしようと、お顔に笑みをたたえながら、左手に金剛慢の印を結び、右手に五鈷杵を持って、勇ましく邁進する姿勢を見せながら、大いなる快楽に至る、虚しからざる悟りの心を 種字に表し 唱えられたのでした。 それは 四智の 如来の静寂な境地から生み出された「すべては平等なのだ」という智慧であり、その 四つの 智慧こそが真理に至る唯一の智慧なのだ。 虚空庫菩薩様は 欲重顕明此義故・・この『如来を喜ばせる4つの教え』をより明確に表現しようと 熙怡微笑・・お顔に微笑みを浮かべ 説此一切事業・・すべてこの宇宙の働きは 不空三昧耶一切金剛心・・嘘偽りなく悟りの境地そのものであるという、堅固不滅の心を 種字に表し お唱えされたのでした オン 虚空庫 その時でした。 そして、彼が唐に持ち帰った 657部のお経の中にあり、中心的な位置を占めた 「 般若経」を 漢訳し、さらにそのエッセンスを取り出して300字足らずに凝縮したものが、般若心経なのです。 観自在菩薩行深般若波羅蜜多 時照見五蘊皆空度一切苦厄 舎利子色不異空空不異色 色即是空空即是色受想行識亦復如是 舎利子是諸法空想 不生不滅不垢不浄不増不減 是故空中無色無受想行識 無限耳鼻舌身意無色声香味触法 無限界乃至無意識界無無明亦 無無明尽乃至無老死亦無老死尽 無苦集滅道無知亦無得 以無所得故菩提薩垂依般若波羅蜜多 故心無圭礙無圭礙故 無有恐怖遠離一切転倒夢想究境涅槃 三世諸仏依般若波羅蜜多 故得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪是無上呪是無等等呪 能除一切苦真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰羯帝羯帝波羅羯帝 波羅僧羯帝菩提僧莎訶 般若心経 まず、1行目は観自在菩薩、つまり観音菩薩が悟りを求めて修行される中で、五蘊(この世を構成するあらゆること)は空であると悟られた、と書かれています。 すなわち般若経典群に説かれる内容を空 くう という核心に凝縮し たとえば色即是空 しきそくぜくう ・空即是色 くうそくぜしき 、また末尾に真言 しんごん mantra を置き、悟りの彼岸 ひがん への到達をたたえる。 チリ 外金剛部 爾時七母女天頂礼仏足・・この時、以前は凶悪でしたが、仏の慈悲により仏法守護の立場となった七人の女神達 炎魔天母・童子天母・毘紐天母・惧吠羅天母・帝釈天母・暴悪天母・梵天母 は、大日如来様のおみ足に平伏し礼拝しながら 献鈎招摂入能殺能成・・仏法に従わぬあらゆる者を、強引に引き寄せ 鈎招 、引き寄せた者を導き入れ 摂入 、その悪しき心を抹殺し 能殺 、仏道修行に邁進すればそれを成就させる 能成 ことを誓い 三昧耶真実心・・悟りの境地はまさに真実であるという心を 種字に表し お唱えされたのでした ビュ 七母女天 この時、以前は凶悪でしたが、仏の慈悲により仏法守護の立場となった七人の女神達 炎魔天母・童子天母・毘紐天母・惧吠羅天母・帝釈天母・暴悪天母・梵天母 は、大日如来様のおみ足に平伏し礼拝しながら、仏法に従わぬあらゆる者を強引に引き寄せ 鈎招 、引き寄せた者を導き入れ 摂入 、その悪しき心を抹殺し 能殺 、仏道修行に邁進すればそれを成就させる 能成 ことを誓い、悟りの境地はまさに真実である、という心を 種字に表し お唱えされたのでした。 「阿閦仏国経」によれば、大目如来のもとで無瞋恚 むしんに 、無淫欲の誓いを立てて修行し、それを達成してブッダとなったとあり、つまり「貪瞋痴 とんじんち 」という三大煩悩を克服し、それらに全く動じず惑わされない静寂な境地に至った如来ということが理由のひとつ。 ソハ 三兄弟 爾時四姉妹女天・・この時、適悦 ラテイ 、死天妃 マラニー 、猪美妃 ヴァーラヒー 、成就美妃 シッディカーシー の四人の天女は 献自心真言・・大日如来様に捧げるため、自らの真の言葉を 種字に表し お唱えされたのでした カン 四姉妹 この時、適悦 ラテイ 、死天妃 マラニー 、猪美妃 ヴァーラヒー 、成就美妃 シッディカーシー の四人の天女は、大日如来様に捧げるために、自らの真の言葉を 種字に表し お唱えされたのでした。 世尊 大日如来 は、すべての如来の悟りの境地である、あらゆるものを真理の輪に導く入大輪如来 纔発心転法輪菩薩の如来形 に変身され、 復説入大輪般若理趣・・再び法を説かれました。 善きかな、善きかな、大いなる修行者 金剛薩埵 よ 善きかな、善きかな、大いなる安楽よ 善きかな、善きかな、大いなる智慧よ まことによくこの法を説いてくださった この教文には堅固不滅の力あり 最も勝れたこの教えを持てば至高の王者となり 打ち砕けない魔はもはやない 仏菩薩の最勝の位を得て あらゆる悟りの境地に至ることも遠からず こうしてこの勝れた教えを説き終わったすべての如来や菩薩は、この経典 般若理趣経 を保つものことごとくを悟りに至らしめようと意を共にし、みなで大いに歓喜したのでした。 世尊 大日如来 は、あらゆるものが平等であることを顕わす悟りの世界 曼陀羅 を体現する一切平等建立如来 普賢菩薩の如来形 に変身され、再び法を説かれました。 すべての如来が 智慧の蔵を開き、すべてのものに灌ぎ与えることは、悟りの智慧に至る真理である 所謂・・いわゆる 以灌頂施故能得三界法王位・・ブッダの叡智を頭上に灌ぎ施すことにより、三界の法王の位に就き 義利施故得一切意願満足・・利益を施すことにより、あらゆる願いを満足させ 以法施故得円満・・教えを施すことにより、滞りなく満たし 一切法・・宇宙のすべてを 資生施故得身口意一切安楽・・命の資 もと を施すことにより、食べ物に困ることはなくなり、身体も言葉も心もすべて安楽となる 時虚空蔵大菩薩・・この時、虚空蔵菩薩は、 欲重顕明此義故・・この「四つの施しの教え」を明確に表現しようと 熙怡微笑・・お顔に微笑みを浮かべ 以金剛宝鬘自繁其首・・ダイアモンドと宝珠で飾らせた宝冠を、自らの頭に被り 説一切灌頂・・すべての叡智を灌ぎ施す 三昧耶宝心・・悟りの境地は掛け替えのない宝である、という心を唱えた タラーン 虚空蔵 この時でした。 これを「勧請句 かんせいく 」とか「啓請句 けいせいく 」とか言う。 それは、すべてのものの本質は平等に清らかである、という、あらゆる事象を観察する観自在王如来 阿弥陀如来 の智慧 妙観察智 に他ならない。 その真言は「掲帝 掲帝 般羅掲帝 般羅僧掲帝 菩提僧婆訶」 さあ行こう、仏の国に、悟りを得た者と共に行こう、悟りあれ、幸いあれ A4サイズ般若心経無料ダウンロード A4サイズの般若心経、ふりがな付きが無料でダウンロードできます。 4つのマンダラとは、 1.大マンダラ 2.三昧耶マンダラ 3.法マンダラ 4.羯磨マンダラ の4つです。 しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう くうそくぜしき 受・想・行・識・亦復如是。 「付加句」は本文の後にもあり「合殺 かっさつ 」と「回向文 えこうもん 」に分かれる。 しかし物質 色 は空であり、空は物質 色 なのである。 ですから、般若心経とは、 「 悟りの世界に赴くために必要なことの核心を説くお経」 または、 「 悟りの世界に赴くために必要なことを教えてくださる仏様を奉る言葉の書かれたお経」 ということになるでしょう。 初めもなく中ほどもなく終わりもない無始無終の最も勝れた 大楽金剛不空三摩耶・・大いなる快楽そのものの嘘偽りのない悟りの境地は 金剛法性般若理趣・・ダイアモンドのように永遠不滅であるという宇宙の本質を説く、悟りの智慧に至る道なのである 所謂・・いわく 菩薩摩訶薩大欲最勝成就故・・菩薩は最も勝れた大いなる欲望を完成させるが故に 得大楽最勝成就・・最も勝れた大いなる快楽を完成させるのである 菩薩摩訶薩得大楽最勝成就故・・菩薩は最も勝れた大いなる快楽を完成させるが故に 即得一切如来大菩提最勝成就・・たちどころにすべての如来の最も勝れた悟りの境地に到達するのである 菩薩摩訶薩得一切如来大菩提最勝成就故・・菩薩はすべての如来の最も勝れた悟りの境地に到達するが故に 即得一切如来摧大力魔最勝成就・・たちどころにすべての如来が持つ、最も勝れた魔を粉砕する力を発揮するのである 菩薩摩訶薩得一切如来摧大力魔最勝成就故・・菩薩はすべての如来が持つ、最も勝れた魔を粉砕する力を発揮するが故に 即得遍三界自在主成就・・たちどころに全宇宙を遍く自由にする王の位に就くことが出来るのである 菩薩摩訶薩得遍三界自在主成就故・・菩薩は全宇宙を遍く自由にする王の位に就くことが出来るか故に 即得浄除無余界一切有情住着流転・・たちどころに、迷いの世界を止めどなく流転するすべての生きとし生けるものの汚れを清め 以大精進常処生死・・大いなる努力を持って、常に生死の運命に晒されている生けるものに 救摂一切利益安楽最勝究竟皆悉成就・・あらゆる恩恵と安楽を与え、最も勝れた究極の境地に至らしめるのである 何以故・・これはいかなることであろうか。 すべての物事は平等であり 最勝出生般若理趣・・善や悪という二元論の概念はそもそも存在しない、それは誤りなのである、それを知ることが最も勝れた悟りの智慧であり、真理に赴く道なのである 所謂・・いわゆる 欲無戯論性故瞋無戯論性・・そもそも欲望そのものは無意味なものではないのだから、その欲望から生まれる怒りの心も決して無意味なものではない 瞋無戯論性故痴無戯論故一切法無戯論性・・怒りの心が無意味なものでないのだから、そこから生まれる愚かな心も決して無意味なものではない 一切法無戯論性故応知般若波羅蜜多無戯論性・・すべての物事には無意味なものはひとつもないのだから、悟りの智慧に向かう真理が無意味であるはずがない 金剛手・・金剛手 金剛薩埵 よ 若有聞此理趣受持読誦・・もしこの真理へ向かう道の教えを聞いて、常に心に留め読誦するならば 設害三界一切有情不堕悪趣・・たとえあらゆる世界の人間を殺害しようとも、地獄等の悪い世界に堕ちることはない 為調伏故・・なぜならそれは、従わぬものを正しい教えに従わせることになるからである 疾証無上正等菩提・・それに気づきさえすれば、たちどころにこの上ない最高の悟りを得る 時金剛手大菩薩・・この時、金剛手大菩薩 金剛薩埵 様は 欲重顕明此義故・・この「あらゆる事象に無意味なものはひとつもない」という教えを明確に表現しようと 持降三世印・・降三世の印を結ぶことによって、自ら降三世明王のお姿に変身し 以蓮華面・・蓮華の花のように美しく愛らしい 微笑而怒顰眉猛視・・微笑みを浮かべながら、眉を顰め怒りの眼差しで睨めつけ 利牙出現住降伏立相・・牙を剥き出しにして仁王立ちになり、どんなことをしても誤った考えを正そうと 説此金剛吽迦羅心・・誰にも打ち砕くことのできない堅固な怒りの心を 種字に表し お唱えされたのでした ウン 降三世 その時でした。 まずマンダラには、『 金剛頂経』に説かれ、 のを表す金剛界マンダラと、 『 大日経』に説かれ、 のを表す胎蔵界マンダラの2つがあります。 世尊 大日如来 は、今まで説かれた、火の打ちどころのないほど完璧で究極の教えに 為欲加持此教令究竟円満故・・強力なエネルギーを注ぎ込もうと、無量無辺究竟如来に変身されました 復説平等金剛出生般若理趣・・そしてまた法を説かれました。 世尊であられる大毘盧舎那如来 大日如来 様は、あらゆる誤った考えのものを正しい教えに強引に導くことを意図して、釈迦牟尼如来 阿閦如来 様のお姿に変身されました。 般若心経漢文と読み 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 [ぶっせつ まか はんにゃ はらみた しんぎょう] 観自在菩薩 [かんじざいぼさ] 行深般若波羅蜜多時 [ぎょうじんはらみたじ] 照見五蘊皆空 度一切苦厄 [しょうけんごうんかいどいっさいくやく] 舍利子 [しゃりし] 色不異空 [しきふいくう] 空不異色 [くうふいしき] 色即是空 [しきぞくぜくう] 空即是色 [くうそくぜしき] 受想行識 [じゅそうぎょうしき] 亦復如是 [やくぶにょぜ] 舍利子 是諸法空相 [しゃりしぜしょほうくうそう] 不生不滅 [ふしょうふめつ] 不垢不浄 [ふくふじょう] 不増不減 [ふぞうふげん] 是故空中 無色 無受想行識 [ぜこくうちゅうむしきむじゅそうぎょうしき] 無眼耳鼻舌身意 [むげんにびぜっしんに] 無色声香味触法 [むしきしょうこうみそくほう] 無眼界 [むげんかい] 乃至無意識界 [ないしむいしきかい] 無無明 [むむみょう] 亦無無明尽 [やくむむみょうじん] 乃至無老死 亦無老死尽 [ないしむろうしやくむろうしじん] 無苦集滅道 [むくしゅうめつどう] 無智亦無得 [むちやくむとく] 以無所得故 [いむしょとっこ] 菩提薩埵 [ぼだいさった] 依般若波羅蜜多故 [えはんにゃはらみったこ] 心無罣礙 無罣礙故 [しんむけげむけげこ] 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 [むうくふおんりいっさいてんどうむそう] 究竟涅槃 [くぎょうねはん] 三世諸仏 [さんぜしょぶつ] 依般若波羅蜜多故 [えはんにゃはらみったこ] 得阿耨多羅三藐三菩提 [とくあのくたらさんみゃくさんぼだい] 故知般若波羅蜜多 [こちはんにゃはらみた] 是大神呪 [ぜだいじんしゅ] 是大明呪是無上呪 [ぜだいみょうしゅぜむじょうしゅ] 是無等等呪 [ぜむとうどうしゅ] 能除一切苦 真実不虚 [のうじょいっさいくしんじつふこ] 故説般若波羅蜜多呪即説呪曰 [こせつはんにゃはらみたしゅうそくぜしゅわつ] 掲諦 掲諦 般羅掲諦 般羅僧掲諦 菩提僧婆訶 [ぎゃていぎゃていはらぎゃていはらそうぎゃていぼじそわか] 般若心経 [はんにゃしんぎょう] 般若心経漢文と訳 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一切苦厄舎利子色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法無眼界乃至無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩埵依般若波羅蜜多故心無罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 般若心経 「観自在菩薩」が遥か昔に深い智慧を完成するための「深般若波羅蜜多」を修行していた時に、全てのことが「空」 くう であることを悟って、一切の苦しみから解放されました。 ギャーテー ギャーテー ハーラーギャーテー ハラソーギャーテー ボージーソワカー 以上が般若心経の簡単な現代語訳になります。 理趣経では、金剛手菩薩 こんごうしゅぼさつ 、観自在菩薩 かんじざいぼさつ 、虚空蔵菩薩 こくうぞうぼさつ 、金剛拳菩薩 こんごうけんぼさつ 、文殊師利菩薩 もんじゅしりぼさつ 、纔発心転法輪菩薩 さいほっしんてんぽうりんぼさつ 、虚空庫菩薩 こくうこぼさつ 、摧一切魔菩薩 さいいっさいまぼさつ という八大菩薩を筆頭に、八十俱胝 くてい 、つまり八十億の菩薩衆が聴衆となる。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 真言宗の般若心経ってどんなお経? 般若心経という言葉を、聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。 菩薩勝恵者・・菩薩は勝れた智慧を持ち 乃至尽生死・・生死流転を克服し 恒作衆生利・・常に衆生を利するなり 而不趣涅槃・・涅槃に赴くことをせず 般若及方便・・智慧と巧みな方法と 智度悉加持・・不思議な力で度するなり 諸法及諸有・・世の現 うつつ や世の様 さま は 一切皆清浄・・すべて清らかなりとして 欲等調世間・・欲すらこの世を整えて 令得浄除故・・清らかにするがゆえ 有頂及悪趣・・優れたものもまた悪も 調伏尽諸有・・あらゆるものを打ち砕く 如蓮体本染・・蓮華の如くその体 不為垢所染・・垢に染ることはなく 諸欲性亦然・・あらゆる欲もまた然り 不染利群生・・染まらずすべてを利するなり 大欲得清浄・・大いなる欲清らかに 大安楽富饒・・富と安心 あんじん 多かりき 三界得自在・・すべての世界を自在にし 能作堅固利・・堅固にすべてを利するなり 金剛手・・金剛手 金剛薩埵 よ 若有聞此本初般若理趣・・もし、この教えの根本である「悟りに至る智慧への道」という真理を聞き 日日晨朝或誦或聴・・日々早朝に読誦し或はよくその読経を聴くことあらば 彼獲一切安楽悦意・・その者はあらゆる安楽と悦楽を得て 大楽金剛不空三昧究竟悉地現世・・現世において、大いなる快楽に至る、金剛のように堅固で嘘偽りのない究極の境地を完成させ 獲得一切法自在悦楽・・宇宙を自由自在に操る楽しさを満喫しながら 以十六大菩提生・・十六大菩提生 十六の菩薩を生み出す能力 を自らのものとし 得於如来執金剛位・・如来並びに執金剛 永遠不滅の存在 の悟りを獲得するであろう ウン 五秘密 その時でした。 悟りの世界 曼陀羅世界 の外側にいるとされている異教の諸天善神は 欲重顕微笑義故・・この『生きとし生けるものは、みな悟りの蔵を持っている、という四つの教え』をより明確に表現しようと、お顔に微笑みを浮かべ 作歓喜声・・歓喜の声を上げながら 説金剛自在自真実心・・自分達も堅固不滅の光り輝く宇宙とひとつなのだという真実の心を 種字に表し お唱えされたのでした チリ 外金剛部 その時でした。 「仏説」・・・「仏が説かれた」「お釈迦様がおっしゃったこと」 「摩訶」・・・「大きい」「偉大な」 「般若」・・・仏の「智慧」 「波羅」・・・「彼岸」のことで、悟りを開いた涅槃の境地 「蜜多」・・・「到達」 「心」・・・重要な部分 「経」・・・お釈迦様が説かれた教え 上記意味をまとめると摩訶般若波羅蜜多心経の意味は、 「偉大な仏の智慧・悟りの境地について重要な内容をまとめたお経」 ということです。 アーク 拳菩薩 時薄伽梵一切無戯論如来・・この時、世尊 大日如来 は、すべての分別や善悪を評価するくだらない議論から離れた一切無戯論如来に変身され、 復説転字輪般若理趣・・再び説法されました。 その時、世尊ーーそれはすなわち、極めて勝れた悟りに至ったすべての如来が、堅固で永遠の光に満ちた悟りの智慧を頭上に灌ぐ 灌頂 ことにより、もはやすべての如来のブッダたる証しの宝冠を被って三界 欲界・色界・無色界というすべての世界 の法王となり、さらにすべての如来のあらゆる智慧を極めて悟りの境地を自由に遊び、すべての如来が持つあらゆる作用の力によってすべてを平等にし、あらゆる生きとし生けるものの願いを余すところなく叶え、永遠に続く過去、現在、未来の、その瞬間の身体、言葉、意識の活動を滞りなく円滑にするーー堅固で永遠の光に満ちた大いなる毘盧舎那如来 大日如来 は・・』 これが序分の冒頭部分である。 世尊 大日如来 は、すべての如来を様々に喜ばれる 供養する 広大な儀式の宝庫を持つ 広大儀式如来・・広大儀式如来 虚空庫菩薩の如来形 に変身され 復説一切供養・・再び法を説かれました。 1:内枠中央・・金剛薩埵 2:内枠東 下 ・・欲金剛菩薩 3:内枠東南 左斜め下 ・・欲金剛女菩薩 4:内枠南 左 ・・触金剛菩薩 5:内枠南西 左斜め上 ・・触金剛女菩薩 6:内枠西 上 ・・愛金剛菩薩 7:内枠北西 右斜め上 ・・愛金剛女菩薩 8:内枠北 右 ・・慢金剛菩薩 9:内枠北東 右斜め下 ・・慢金剛女菩薩 10:外枠南西 左上の角 ・・金剛嬉菩薩 11:外枠北西 右上の角 ・・金剛鬘菩薩 12:外枠北東 右下の角 ・・金剛歌菩薩 13:外枠東南 左下の角 ・・金剛舞菩薩 14:外枠東 下 ・・金剛鉤菩薩 15:外枠南 左 ・・金剛索菩薩 16:外枠西 上 ・・金剛鏁菩薩 17:外枠北 右 ・・金剛鈴菩薩 以上、十七尊が理趣会の構成要員である。 だからあなたが本当に金剛薩埵であれば、つまり悟っていることに気づきさえすれば、あらゆるものを強引に悟らせること 殺す ことができ、その功徳によって無上の悟り 大日如来の至高の悟りのレヴェル を得ることが出来るのである。 自性輪身 阿閦如来 正法輪身 金剛薩埵 教令輪身 降三世明王 要するにこの第三段の降伏の門において、阿閦如来と金剛薩埵と降三世明王が登場したのは、むしろ必然的なことだったと言える訳である。 菩薩は勝れた智慧を持ち 生死流転を克服し 常に衆生を利するなり 涅槃に赴くことをせず 智慧と巧みな方法と 不思議な力で度するなり 世の現 うつつ や世の様 さま は すべて清らかなりとして 欲すらこの世を整えて 清らかにするがゆえ 優れたものもまた悪も あらゆるものを打ち砕く 蓮華の如くその体 垢に染ることはなく あらゆる欲もまた然り 染まらずすべてを利するなり 大いなる欲清らかに 富と安心 あんじん 多かりき すべての世界を自在にし 堅固にすべてを利するなり 金剛手 金剛薩埵 よ。 般若心経 はんにゃしんぎょう[s:Prajpramit-hdaya-stra] 玄奘 げんじょう 訳が最も広く流布するが、鳩摩羅什 くまらじゅう 訳を含んで合計7訳が現存し、小本と大本との2種のサンスクリット本とチベット訳本とがそなわる。 すなわち、 妙適 愛欲のエネルギー ・・金剛薩埵 欲箭 愛欲の放出 ・・欲金剛菩薩 触 性行為での接触 ・・触金剛菩薩 愛縛 相手への執着意識 ・・愛金剛菩薩 一切自在主 性行為による支配感 ・・慢金剛菩薩 となる。 ぎゃていぎゃていはらぎゃていはらそうぎゃていぼじそわか 般若心経の最後の部分で全く意味の分からない部分がありますが、それは「掲帝 掲帝 般羅掲帝 般羅僧掲帝 菩提僧婆訶」の部分であり、「ぎゃていぎゃていはらぎゃていはらそうぎゃていぼじそわか」と読みますがこの部分だけはサンスクリット語のマントラを漢字に充てただけなので漢字としての意味がありません。 はじめて読むひとは、ぜひ 般若心経 現代語超訳 『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』 この教えは、お釈迦さんを覚らせた仏さまがおっしゃったもので、心が豊かに、安らかになるための素晴らしい智慧のエッセンスについてのものなんだ。 もしこの教えの根本である「悟りに至る智慧への道」という真理を聞き、日々早朝に読誦し或はよくその読経を聴くことあらば、その者はあらゆる安楽と悦楽を得て、この現世において、大いなる快楽に至る金剛のように堅固で嘘偽りのない悟りの境地に到達し、宇宙を自由自在に操る楽しさを満喫しながら、十六大菩提生 十六大菩薩を生み出す能力 を自らのものとし、如来並びに執金剛 永遠不滅の存在 の悟りを獲得するであろう」 ウン 五秘密 爾時一切如来及持金剛菩薩摩訶薩等皆来集会・・この時、この場に集っていたすべての如来や金剛不滅の意志を持つ菩薩らはみな 欲令此法不空無礙速成就故・・この教えが虚しく妨げられず、すぐにも達成されるように願って 咸共称賛金剛手言・・みな共に金剛手菩薩 金剛薩埵 を称讃する言葉を唱えました 善哉善哉大薩埵・・善きかな、善きかな、大になる修行者 金剛薩埵 よ 善哉善哉大安楽・・善きかな、善きかな、大いなる安楽よ 善哉善哉摩訶衍・・善きかな、善きかな、大乗の教えよ 善哉善哉大智恵・・善きかな、善きかな、大いなる智慧よ 善能演説此法教・・まことによくこの法を説いてくださった 金剛修多羅加持・・この経文には金剛のように堅固不滅の力あり 持此最勝教王者・・最も勝れたこの教えを持てば至高の王者となり 一切諸魔不能壊・・打ち砕けない魔はもはやない 得仏菩薩最勝位・・仏菩薩の最勝の位を得て 於諸悉地当不久・・あらゆる悟りの境地に至ることも遠からず 一切如来及菩薩・・すべての如来や菩薩は 共作如是勝説已・・共にこの勝れた教えを説き終わり 為令持者悉成就・・この教えを保つものことごとく悟らしめようと意を共にし 皆大歓喜信受行・・みなで大いに歓喜したのでした この時でした。 お釈迦さまが菩薩樹の下で悟りを開こうとするのを邪魔したのが、波旬 ハピーヤス とか魔羅 マーラ とかと言う魔王であるが、その魔王が第六天魔王。 再び山に登ってきた我が子の姿に驚き 一切を聞かされた刈萱道心は 「 何、母が死に姉も死んだのか」と思わず知らず ほろーッと一滴の涙を落としました。 むしろこの教え 理趣経という経典 を肌身離さず唱え続ければ、この世は永遠に光り輝く悟りの世界であることを、たちどころに悟ることが出来、世界を自由自在に操り作り上げることが出来、この上ない快楽と喜びを享受することが出来、「十六大菩薩生」という宇宙の創造エネルギーを手にすることによって如来や永遠に光り輝く悟りのエネルギーを心に持つもの 執金剛 、つまり高次元の存在と同じになれるんだぞ。 一瞬泣きくずれた石童丸が 「 せめてなりとも」 とたのむので道心は仕方なく 一つの新しい墓前に連れていきました。 すべての如来や菩薩の悟りとひとつになり、悟りの境地を体現した世界 曼陀羅 にはいられた金剛手菩薩 金剛薩埵 様は、この『四つの曼陀羅の真理』をより明確に表現しようと、すべての空からざる悟りの心を 種字に表し お唱えされたのでした。 ある時、世尊 ブッダ ーーそれはすなわちーー極めて優れた悟りに至ったすべての如来が、堅固で永遠の光に満ちた悟りの智慧を頭上に灌ぐ 灌頂 ことにより、もはやすべての如来のブッダたる証の宝冠を被って三界 欲界・色界・無色界というすべての世界 の法王となり、さらにすべての如来のあらゆる智慧を極めて悟りの境地を自由に遊び、すべての如来が持つあらゆる作用の力によってすべてを平等にし、あらゆる生きとし生けるものの願いを余すところなく叶え、永遠に続く過去、現在、未来の三世の、その瞬間の身体、言葉、意識の働きをとどこおりなく円滑にするーー堅固で永遠の光に満ちた偉大なる毘盧舎那如来 大日如来 は、欲界の最上界にあたる他化自在天王の宮殿の中の、すべての如来が遊び喜び称歎するところの、種々様々な金色の風鈴や薄絹の幡がそよ風にさやかに揺れ、宝珠の髪飾りや煌びやかな黄金の装飾、月を模った鏡などが豪華絢爛にところ狭しと飾られた大摩尼宝珠殿において、八十億の菩薩衆、いわゆる金剛手菩薩、観自在菩薩、虚空蔵菩薩、金剛拳菩薩、文殊菩薩、纔発心転法輪菩薩、虚空庫菩薩、摧一切魔菩薩というハ大菩薩を代表格とした大集団が、恭しく慎み敬いながら周囲を取り巻く中、説法をされました。 漢訳仏典ではこのシヴァ神を大自在天 あらゆることが可能な偉大なる神 と表記しているが、とにかくインドでは現代においてもトリムルティー 破壊神シヴァ・創造神ブラフマー・繁栄神ヴィシュヌの三柱によって世界が構成されているというヒンドゥー教の宗教思想 の一柱として絶大な信仰を集めている神である。 [序分の解説] 理趣経は「序分 じょぶん 」と「正宗分 しょうしゅうぶん 」である本編の「十七段」、そして最後に「百字の偈 げ 」、讃嘆 さんたん ・流通分 るづうぶん で構成されている。 今では戒名の「 玄奘 げんしょう 」と呼ばれていますが、「 三蔵法師 さんぞうほうし 」という名前の方がより親しまれています。 キリーク 観自在 時薄伽梵一切三界主如来・・この時、世尊 大日如来 は、欲界、色界、無色界というすべての世界の主である一切三界主如来 宝生如来 に変身されました 復説一切如来灌頂智蔵般若理趣・・そして再び法をお説きになりました。 摧一切魔大菩薩は 欲重顕明此義故・・この『誤りを正す怒りは悟りへの道という四つの教え』をより明確に表現しようと 熙怡微笑・・お顔に微笑みを浮かべ 以金剛薬叉形持金剛牙・・金剛薬叉明王の姿に変身され、堅固な牙を表す金剛拳の印を結ばれて 恐怖一切如来已・・すべての如来までをも恐怖に陥れながら 説金剛忿怒大笑心・・堅固不滅なる怒りは、そのままに大いなる歓喜であるという心を 種字に表し お唱えされたのでした カク 摧一切魔 その時でした。 そんな超スーパーヒーローの金剛薩埵は、大日如来の有り難い教えをお聞きすると、その教えを明確に表現しようと、お顔に笑みをたたえながら左手に金剛慢の印を結び、右手に五智 金剛界五仏の智慧 を象徴する五鈷杵を持って振り上げるポーズ 打擲 をしながら、大いなる快楽に至る悟りのエネルギーである菩提心を、種字 しゅじ に表して唱えた、という。 実際やってみると? 真言宗の教えに従ってを求めた有名な人が 刈萱道心 ( かるかやどうしん )です。 真言の一字一字の中に、 それぞれ千の理法(無限の尊い教え)が 含まれていて、 この身このままで真理を悟り、 仏の境地に達することができる。 そして終りの部分において、 般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 と説き、その読誦の功徳を強調している。 参考文献 宮崎忍勝 著『四国遍路』(朱鷺書房) 宮坂宥勝 著『仏教語小辞典』(ちくま学芸文庫) 中村元・紀野一義 註『般若心経・金剛般若経』(岩波文庫) 永田美穂 著『日本人のための仏教ガイド』(展転社) 水谷修・水谷信子 著『外国人の疑問に答える日本語ノート1』(ジャパンタイムズ) 中島 敦 著『李陵・山月記』(新潮文庫) 真言宗豊山派宗務所 編『真言宗諸経要集解説』—般若心経秘鍵—(真言宗豊山派宗務所) 『弘法大師空海全集 第二巻』—般若心経秘鍵—(筑摩書房) 加藤諦三 著『アメリカインディアンの教え』(扶桑社文庫) ひろさちや『ぴっぱら(四一四号)』(全国青少年協議会) 大塚慈伸 真言宗豊山派東京四号仏青講習会資料.

  • むくしゅうめつどう、むちやくむとく 以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、 いむしょとっこ、ぼだいさった、えはんにゃはらみったこ 心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖 しんむけげ、むけげこ、むうくふ、 遠離・一切・顛倒夢想、究竟涅槃。 世尊の教えを聞いていた大金剛手菩薩 金剛薩埵 様は、その「あらゆるものごとは平等なのだから、差別することには意味がない」という教えを明確に表現しようと、降三世の印を結び、自ら降三世明王のお姿に変身され、蓮華の花のように美しく愛らしい微笑みを浮かべながら、眉を顰め怒りの眼差しで睨めつけ、牙を剥き出しにして仁王立ちになり、どんなことをしても誤った考えを正そうと、誰にも打ち砕くことのできない堅固な怒りの心を 種字に表し お唱えされたのでした。 世尊 大日如来 は、すべての如来の悟りの境地である、あらゆるものを真理の輪に導く入大輪如来 纔発心転法輪菩薩の如来形 に変身され、再び法を説かれました。 すべての生きとし生けるものは、互いに宇宙根源のエネルギーを満たし合い、補い合って、本来はひとつなのである 般若理趣・・これが悟りの智慧に至る真理なのである 所謂・・いわく 一切有情如来蔵・・すべての生きとし生けるものは如来になるための無尽の蔵を、その心の内に持っている 以普賢菩薩一切我故・・それは「宇宙はすなわち我」という普賢菩薩の境地に他ならない 一切有情金剛蔵・・すべての生きとし生けるものは堅固不滅の光り輝く無尽の蔵を、その心の内に持っている 以金剛蔵灌頂故・・それは金剛不滅の光り輝くエネルギーを注ぎ入れる 虚空蔵菩薩の 境地に他ならない 一切有情妙法蔵・・すべての生きとし生けるものは本来清らかであるという無尽の蔵を、その心の内に持っている 能転一切語言故・・それはあらゆる言葉を駆使して真理を説く 観自在菩薩の 境地に他ならない 一切有情羯磨蔵・・すべての生きとし生けるものは宇宙の根源の働きを、その心の内に持っている 能作所作性相応故・・それは宇宙根源の働きがそのまま生きとし生けるものの働きである、という 金剛拳菩薩の 境地に他ならない 時外金剛部・・この時でした。 やがて 満月と 真言の功徳によって、深い禅定の 三昧の境地(サマディー)へと誘われ、心身一如により 至高体験が起こります。 真言とは並ぶことのない言葉で、「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」の部分です。 もしこの「性愛は清らかで菩薩の境地であることを示す、悟りの智慧に至る十七の教句」を聴くことがあったなら、悟りを目指す修行の過程において、智慧を封じるすべての障害 一切蓋障 、及び悪しき想いや行為による障害 煩悩障 、誤った教えの影響を受けて正法を疎んじる障害 法障 、前世の因縁による障害 業障 という四つの障害が広く深く蓄積しようとも、決して地獄などの悪しき世界に堕ちることはない。 纔発心転法輪大菩薩は 欲重顕明此義故熙怡微笑・・この『あらゆるものを法輪に導き入れる四つの真理 四種の輪円 』という教えを、より明確に表現しようとお顔に微笑みを浮かべ、 転金剛輪説一切金剛三昧耶心・・金剛輪 八肢を備えた金剛の輪 を右中指でまわしながら、金剛不滅の悟りの心を 種字に表し お唱えされたのでした ウン 転法輪 その時でした。 これは、平等にあらゆるものに恩恵を与えるという宝生如来の智慧 平等性智 を示し、なおかつ宝部 金剛頂経・降三世品に説かれているところ の悟りの世界 曼陀羅 を意味している。 このように、悟りに至る智慧の道の教えは、あらゆるものが平等で金剛のように堅固不滅に光り輝いていることを説いているのである 所謂・・いわく 般若波羅蜜多無量故・・悟りに至る智慧の道は数え切れないほど無数に存在しているのであるから 一切如来無量・・それを説くすべての如来は数え切れないほど無数に存在しているのである 般若波羅蜜多無辺故・・悟りに至る智慧の道は途方もなく広大であるのだから 一切如来無辺・・それを説くすべての如来は途方もなく広大なのである 一切法一性故・・すべての真理はただひとつのことを説き明かしているのだから 般若波羅蜜多一性・・悟りに至る智慧の道はただひとつなのである 一切法究竟故・・すべての真理は究極の教えなのだから 般若波羅蜜多究竟・・悟りに至る智慧の道は究極の教えなのである 金剛手・・金剛手 金剛薩埵 よ 若有聞此理趣・・もしこのことわりを聞き 受持読誦思惟其義・・自分のものとして読誦しよく思い巡らせるならば 彼於仏菩薩行・・彼は仏菩薩の修行を完成させ 皆得究竟・・みな究極の悟りを得るのである その時でした。 しかし物質 色 は空であり、空は物質 色 なのである。 無色界というすべての世界 に蔓延っている障害を余すところなくこらしめる力を持ち 一切義成就金剛手菩薩摩訶薩・・すべての真理を完成させた金剛手菩薩 金剛薩埵 は、 為欲重顕明此義故・・世尊の唱えた教えをさらに明確なものにしようと、 熙怡微笑左手作金剛慢印・・お顔に笑みをたたえながら、左手に金剛慢の印を結び 右手抽擲本初大金剛作勇進勢・・右手に五鈷杵を持って、勇ましく進む姿勢を見せながら 説大楽不空三昧耶心・・大いなる快楽に至る、虚しからざる悟りの心を 種字に表し 唱えた ウン 金剛薩埵 「私は、これから、すべてのものは清らかである、という教句を説く。 207 『 同 』 p.




2022 www.algorithms.io