ディスカバリー スポーツ。 ランドローバー ディスカバリースポーツ

スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

👊 また、2021年モデルでも日本市場向けに厳選した装備を搭載した「CURATED SPEC」を設定、5種類が用意されている。 いまでこそ、クーペ風味を足したクロスオーバーSUVは珍しくない。

13
0リッター直列4気筒Ingeniumディーゼルエンジンに、マイルドハイブリッド(MHEV)システムを採用。
スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

🙃 7プラス スペシャル エディション 4WD• DISCOVERY SPORT D180:5,130,000円• SUV専業ブランドのランドローバーにとって、ディスカバリースポーツはスタートプライスが450万円~ 税込、以下同 とラインナップ中もっともお手頃なモデル。 クルマに内蔵されたデータ接続により、自動的にマップやアプリをアップデートする「Pivi」の搭載だけでなく、様々なドライブ支援・安全装備も今回から採用されている。 DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC HSE P250:6,970,000円 ランドローバー新型ディスカバリースポーツの価格は、装備の充実によりアップしています。

13
この辺も最新SUVの水準に追いついたというか、領域によっては追い越したといってもいい仕上がりだ。 エンジンもターボがしっかりと効く以前から必要なだけのパワーが感じられるのでストップ&ゴーの連続でもストレスがない。
スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

🤔 ランドローバー ディスカバリースポーツ R-DYNAMIC SE D180 グレード展開は、従来設定されていなかった「R-DYNAMIC」が新たに追加され、全10グレードと選択肢が拡大している。

5
エクステリアカラーには新色の「ハクバシルバー」が追加され、全11色から選択可能。
スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

🤫 さらに、パドルシフトやレザーステアリングホイールなどのインテリアも上質感がある。 ディスカバリースポーツの3列目シートは、GLBと比較するとやや閉塞感があるが、十分に実用的と評価できる。

3
初代 ランドローバー・ディスカバリースポーツ ランドローバー ディスカバリースポーツ 2018年モデル その後、まさに毎年のようにイヤーモデルが登場し、比較的大きめな変更を受けたのが2017年11月に受注が開始された2018年モデルだ。
スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

😩 ディスカバリースポーツは、最低地上高は210mmを確保し、600mmの最大渡河水深を誇るなど悪路走破性には定評があります。

充実!新型ディスカバリースポーツの安全装備は? 新型ディスカバリースポーツの安全装備には、レーンデパーチャーワーニング、自動緊急ブレーキなど、最新システムが採用されています。
スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

🐲 5などの有害な微粒子物質をキャビンから除去する「キャビン・エア・フィルトレーション・システム」を新たに搭載した。 しかしこのクラスでは平均以下の数値であり、X3と比較してみても18. 3列7シートを備え、2列目は40:20:40の分割可倒式を採用することで、24通りのシートアレンジを可能とする。

14
高効率から高出力まで幅広いエンジンラインナップ 2020年初頭に発売されたプラグインハイブリッドモデルの「P300e」に続き、ディスカバリースポーツ ブラックのエンジンラインナップにも変更が加えられた。 ADAS(先進運転支援システム)もGLBは見事だ。
スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

☏ 組み合わせる9速ATのギア比も見事で、430Nmを誇る最大トルクのうま味を見事に引き出している。

15
HSE 2. 3Dサラウンドカメラをはじめ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどのドライバー支援システムを標準で搭載。
スポーツ ディスカバリー スポーツ ディスカバリー

👎 DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE P250:6,390,000円• 新型ディスカバリースポーツのトランスミッションには全車9速ATが搭載され、定評あるランドローバーの4WDシステムにより力強い走りを発揮します。 しかし、今回もっとも驚かされたのは、ディスカバリースポーツのほう。 モニターで見る360度カメラの性能も確実に向上しており死角がない。

8
このシステムは、ソフトウェアのアップデートを車両に内蔵されたデータ接続システムを介して無料で提供する。 日本には「SE」「HSE」「HSE LUXURY」の3グレードが導入され、全車ガソリン仕様と発表された。