マイ タイピング 連打 - 母連打!

連打 マイ タイピング タイピングテスト

連打 マイ タイピング バナナ

連打 マイ タイピング 寿司打 Q&A

連打 マイ タイピング A連打

「ん」集中タイピング(文章) inごんタイピング

連打 マイ タイピング タイピング練習 (ホームポジション

連打 マイ タイピング タイピング速度測定(タイ速)

連打 マイ タイピング ローマ字入力で「ん」を効率的にタイピングする方法

連打 マイ タイピング CPSタップスピードテスト

タイピング練習 (ホームポジション 基本編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

連打 マイ タイピング CPSタップスピードテスト

A連打

連打 マイ タイピング タイピング練習 (ホームポジション

ローマ字入力で「ん」を効率的にタイピングする方法

腕試しレベルチェック

もしヴァ ヴィ ヴ ヴェ ヴォ を2打で使いたければ、qa qi qu qe qoを使うのもひとつの方法です。 「ざ」va ローマ字入力で明らかに打ちにくい「ざ」za を、元の設定は残したまま、 「ざ」va を追加します。 農業、共同、競争、消耗、症状、消防、商法、消灯、投了、同僚、称号、送料、増量、同業、衝動、状況、……他たくさん 「パ行」x 日本語の文章でパ行は使用頻度が少ないとはいえ、 pが小指担当で、さらに「ピュ」 pyu、「ピョ」 pyoの打ちにくさはひどいもんです。 「っ」; 普通なら「あった」atta のように子音の連打によって「っ」を打つものを、; 単打で「っ」にすることによって、「あった」 a;ta のように運指を良くして高速化します。 数える、家族、さぞ、さぞかし、なぞる、魔族、~だぞ、 とくに、 za や az のような「小指連続を回避できる」のが一番のメリットです。 直前の打鍵が u i o nのときは xでパ行のほうが打ちやすいことが多いので、カタカナを入力する機会が多い人は練習してみると良いかもしれません。 「~ou」~l これはアルファベットで書くとわかりにくいですが、たとえば、 「こう」kou を kl のように、 L に ou の役割を持たせるということです。 ーーー あと、ができれば、 nyi hyi myi kyiが、さらに打ちやすくなります。 2打目にしても影響が無いキー 「~ou」 ~lでも紹介したように、2打目に指定するキーは、ほぼ影響なく使えるのが L X Q、そして ;のような右側にあるキーくらいしかありません。 ・・・ これも「しょう」syi と同じような理由で、 ou の u が人差し指になるのを回避できるので、同指連続打鍵を減らして、打鍵数を1打少なくすることができます。 トリガーキーとして;を使う ;は単打・1打目・2打目としても自由に使えて、日本語の文章だと a i u e oの後に打鍵するので同指連続打鍵にならず、応用範囲が非常に広いキーになっています。 「ヴ」 wuだけ定義できれば、「ヴァ」 wu la のように入力できるので、ヴァヴィヴェヴォも問題なく入力でき、運指もそんなに悪くありません。 ヴ行を他のキーに移動する さっきの「ざ行」を vにするカスタマイズによって、 「ヴァ」 va、「ヴィ」 vi、「ヴ」 vu、「ヴェ」 ve、「ヴォ」 vo、 が打てなくなるので、 他のキーで「ヴ行」が打てるようにしておかないといけません。 もともとの クァ クィ ク クェ クォ とどちらが重要か考えて決めてください。 「き」ci ほとんどの人は疑問に思ってないだろうけど、「き」 kiは、 kがホームポジションにあるにも関わらず、 同指連続打鍵なので一定以上速く打つことが難しく、しかも日本語の文章では u o nと前後で絡むことが多いので、指がもつれやすくてミスしやすいキーになっています。 「~ょう」~yi 小さい「ゃゅょ」の中でもよく使われるのは「しょう」syou などの「~ょう」ですが、実はこの ~you は uが人差し指以外で打ちにくく、次の打鍵が h n j mの場合に人差し指連続打鍵になり、地味に疲れが蓄積しやすく、一定以上速くできない打鍵パターンです。 なので、もともと ca ci cu ce co「か しくせこ」となっている、 ci「し」を、 ci「き」に変更します。 まとめ 1分間でのタイピング100文字、200文字、300文字はどのレベル?1分や1秒でのタイピングスピードの平均 基準 はどのくらいか? ここでは、1分や1秒でのタイピングスピードの平均 基準 はどのくらいか?1分間でのタイピング100文字、200文字、300文字はどのレベル?かについて解説しました。 そう考えると、以下のような理由で L X Q ;は影響が少なめで2打目として利用することができます。.

  • .

  • .

  • .




2022 www.algorithms.io