ママスタ 漫画 - ママスタ漫画で使えるセリフ見つけた【介護のマンガ三選】

漫画 ママスタ 24歳の新妻が絶句…「毎月10万の送金」を要求する義母、その“トンデモ”な理由(ママスタセレクト)

漫画 ママスタ ママスタ漫画で使えるセリフ見つけた【介護のマンガ三選】

ママスタ漫画で使えるセリフ見つけた【介護のマンガ三選】

漫画 ママスタ ママスタ漫画で使えるセリフ見つけた【介護のマンガ三選】

漫画 ママスタ ママスタ漫画のダメパパ見て「美味しんぼ」を連想した

漫画 ママスタ ママスタ漫画で使えるセリフ見つけた【介護のマンガ三選】

漫画 ママスタ 24歳の新妻が絶句…「毎月10万の送金」を要求する義母、その“トンデモ”な理由(ママスタセレクト)

漫画 ママスタ ママスタ漫画のダメパパ見て「美味しんぼ」を連想した

漫画 ママスタ 24歳の新妻が絶句…「毎月10万の送金」を要求する義母、その“トンデモ”な理由(ママスタセレクト)

漫画 ママスタ ママスタ漫画のダメパパ見て「美味しんぼ」を連想した

漫画 ママスタ 24歳の新妻が絶句…「毎月10万の送金」を要求する義母、その“トンデモ”な理由(ママスタセレクト)

24歳の新妻が絶句…「毎月10万の送金」を要求する義母、その“トンデモ”な理由(ママスタセレクト)

女同士の争いの影にはク〇みたいな男あり このストーリーの義母が結局嫁の協力を得られず 苦労をする羽目になったのは自業自得、 同情の余地なし、とは思いますが、 それでも一応介護で苦労しているのは事実。 雄山は病身の母親に自分が食べる料理を作らせ 気に入らなければ作り直させるを繰り返す、 それが息子からは母を虐げているように見え、 でも別の人の解釈だと母に生きがいを与えていたのでは? と、いうことになっていたのですね。 上から目線のにわか料理人 ざっくり説明すると、コロナ下で自宅勤務が増えたパパが 料理を作ってやると言って作ってくれるのはいいけど、 高級食材買ってきて長い時間をかけて料理を作り それをどや顔で出しながら、 ママが限りある予算の名か安い食材を使いまわし、 他の家事やの合間をぬって、 手早く作った料理をけなすのです。 この年になるともうそんな目にあわされるのは勘弁! と、いうことで人生に起こるであろう 様々なシチュエーションを想定したうえで、 理不尽な言い方をされた時の 反撃の言葉をシュミレーションする、 その素材としてこういう家庭漫画を 利用しているような側面があるのです。 大量生産とは違う食材へのこだわりとか、 調理法へのこだわりとか、 読んでていて確かに面白いとこもあるんだけど、 その論法を変にこじらせると、 こういう「ダメパパ」というか 「クサ〇ダンナ」が出来上がるんだろうな。 の中の虐待 の中で 主人公の山岡氏は実父のと仲が悪いけど、 その理由の一つとして、 雄山が母を虐げていたと山岡(息子)が思い込んでいたから。 ですが的感覚をこじらせる奴に 男性のが多いのは、 限りある予算の中から他の業務と並行して 料理を作るって経験がないせいでしょうかね? そもそもプロが厳選した食材を 身に着けた技術で調理し客に提供して その対価をいただくうえでの「こだわり」はいいけど、 家庭料理は全然別の要素を必要とされるのですから、 その観点からけなされれば頭にきて当然ですわな。 一見女の争いに見えるストーリー、 でも一番腹立ったのはこの男です! ブログ主の経験 女同士の争いっていうなら前回のブログで 娘である私と毒母のエピソードを描きました。 彼らとはもう新幹線か飛行機が 必要な距離に離れて住んでいるし 誰の介護など必要になっても知ったこっちゃない、 って心づもりですけど! 他にもあるよ、介護のマンガ あともう二つ介護にかかわるマンガをリンクしておきます。 最後に嫁がビシッと言って 読む人をスッキリさせてくれているけど、 「家族」で話し合いをする羽目になったら 「母さんが嫁いびりなんかしてきたから」と、 今更なセリフを吐いて協力しないのが目に見えるようです。 ネットの板ではこの作者の感覚と同レベルのお花畑脳が 結婚式の際に子供を虐待し絶縁状態だった親を 相手側がサプライズで招待し、 親を見た子供がショックで失神して 結婚式台無し、その後破談という話が 本当かどうかはわからないけどありましたね。 それに比べク〇ダンナにしてバ〇息子! 嫁がいびられているのを見て見ぬふりしてきたうえに、 自分の祖母の介護協力が必要になっても 自分は一切動こうとはせず、 いびられてきた嫁に「家族なんだから」と、いけしゃあしゃあと主張します。.

  • .

  • .

  • .




2022 www.algorithms.io