ガンダム スノー ホワイト。 「ガンダムW」幻の機体“白雪姫”、超合金として初フィギュア化! カトキハジメが続編小説イラストから全身描き起こし

ホワイト ガンダム スノー ホワイト ガンダム スノー

⚔ 『新機動戦記ガンダムW』の続編にあたる小説『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』に登場する幻の機体「白雪姫(スノーホワイト)」が、超合金「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムスノーホワイトプレリュード」として初立体化。

17
12巻表紙に写っているスノーホワイトをカトキハジメがプロデュース、サンライズ・著者の隅沢克之が監修を務めている。
ホワイト ガンダム スノー ホワイト ガンダム スノー

💔 その後も、ロームフェラ財団代表として地球圏統一連合に影響を持ちつつ、レジスタンス組織『シャーウッドの森』にクシュリナーダ家当主として資金援助を行い、迷っていた指導者ヒイロ・ユイに行動を行うよう諭すなど、孫のヴァンに引き継がれる「コントロールされた戦いによる平和」構築を進める。

19
上記のセプテムとの関係は不明。
ホワイト ガンダム スノー ホワイト ガンダム スノー

💢 カトリーヌを同乗させ遠隔射撃を行いながらも"黒い翼"を追いつめた。 モガディシオの反乱に際しトレーズ率いるMS部隊の投入を主張するヴァンと意見を対立させる。 その後未完成のプロトゼロを開発、ガンダムの技術を仲間たちと高め合った。

17
妻アンジェリーナと血の繋がらない息子ヴァンが死亡した事件は彼が画策したものである。 本来のタバールはインド発祥の片手斧であるが、当機の物はポールウェポンであり、ハルバードとタバールの中間の様な形状となっている。
ホワイト ガンダム スノー ホワイト ガンダム スノー

🤞 以前は反地球統一連合に他の博士と共に参加していた。

7
劇中での活躍 本編 500機という大部隊で、プリベンダー部隊およびエピオンを襲撃するも、半数をほぼ一方的に撃破され、残存機も乱入してきたトールギスヘブンのナノディフェンサーで蓄積データを消去され機能を停止した。
ホワイト ガンダム スノー ホワイト ガンダム スノー

👊 トレーズ・ファイル [ ] ヒイロの覚醒に必要だったバーチャルバイザーの記憶ファイルの一つ。 完全平和主義に基づく平和法により、モビルスーツに関係するデータはすべて失われており、開発が難航する中、ウィナー家所有の古い資源衛星の格納庫で解体されて放置状態であったガンダニュウム合金製のMSが発見される。

当初は通りから新造することを予定していたが、『 Wz』の後にのに関連するの一切合切が失われていたことに加え、それ自体がにも高度かつ精緻な設計に基づく品とも言うべき存在であったことから、その開発は困難を極めた。 ファザー曰く、口が悪いのは「男手ひとつで育てたため」とのことだが、実際にはそれ以前にシュバイカー孤児院で育てられており、この頃から口が悪かった。
ホワイト ガンダム スノー ホワイト ガンダム スノー

😒 具体的な内容は不明だが、隠密行動により真価を発揮する機体。 ノイエンハイムの力によってクローンとして甦り記憶を引き継ぎ、かつて兄トレーズに願った地球圏掌握の実現のために動く。

3
2020年6月発送 関連情報• ステルスマントは全身を覆う物となっており、基本的に本機は纏った状態で行動するため機体の全貌は明らかとなっていない。 ナノディフェンサーと言った火星ナノマシンは彼女が完成させた技術である。
ホワイト ガンダム スノー ホワイト ガンダム スノー

⚑ 元々は四脚兵器「魔王」をベースに開発した物で、二足歩行形態はウイングの変形に影響されたプロフェッサーGが後から追加したモードである 劇中での活躍 本編 デュオ・マックスウェルが搭乗しヒイロと共にプロメテウス追撃のため出撃。 パイロットはキュレネの風。 そして卓越した外交手腕と圧倒的なカリスマ性によって反乱軍と軍事同盟を結び、連合軍からの独立を目指すことを決めている。

また、ブラックウイングのバスターライフルの直撃をうけても本体は無事であり、通常の機体と一線を画すガンダニュウム製のMSの防御力も健在である。 ジェノサイドを発生させないためにその後ITの発展でP・P・Pが解除される事を願いコールドスリープで眠りについていた。