エルトン ジョン 名曲 - エルトン・ジョン、1974年にジョン・レノンと共演したマディソン・スクウェア・ガーデン公演を振り返る

ジョン 名曲 エルトン エルトン・ジョン、故テイラー・ホーキンスをライブで追悼「真のミュージシャン」(Billboard JAPAN)

ジョン 名曲 エルトン エルトン・ジョン、故テイラー・ホーキンスをライブで追悼「真のミュージシャン」(Billboard JAPAN)

エルトン・ジョン&デュア・リパ、新曲「Cold Heart (PNAU Remix)」で強力タッグ

ジョン 名曲 エルトン エルトン・ジョンとバーニー・トーピンが共作した数々の名曲をカバーを中心に聴く

エルトン・ジョン(Elton John)の代表曲まとめ/洋楽有名順まとめサイト

ジョン 名曲 エルトン エルトン・ジョンの名曲ランキング(映画「ロケットマン」公開記念)

ジョン 名曲 エルトン エルトン・ジョンの名曲ランキング(映画「ロケットマン」公開記念)

ジョン 名曲 エルトン 【歌詞/和訳】Elton Jone

ジョン 名曲 エルトン エルトン・ジョン、デュア・リパがゲストの新曲は過去の名曲4つを融合

エルトン・ジョン、故テイラー・ホーキンスをライブで追悼「真のミュージシャン」

ジョン 名曲 エルトン レイ・チャールズ最期の熱唱はエルトン・ジョンが書いた別れの名曲だった|TAP the

エルトン・ジョン、ベスト・カントリー・ソング10選

ジョン 名曲 エルトン Elton John(エルトン・ジョン)の人気曲10選!代表曲をご紹介

ジョン 名曲 エルトン エルトン・ジョン&デュア・リパ、新曲「Cold Heart

【洋楽】ゲイ、バイセクシャルの男性ミュージシャン10人と名曲まとめ

コンセプトでまとまりすぎてしまっているからか、楽曲単位で目立つ曲が少ないんですが、最大の聴きどころは「Someone Saved My Life Tonight(僕を救ったプリマドンナ)」。 わかるだろ? 俺はまだ立っている 前よりもずっと強く Looking like a true survivor, feeling like a little kid まるで本物のサバイバー 小せぇガキの気分だよ And I'm still standing after all this time 俺はまだ立っている 今になってようやくな Picking up the pieces of my life without you on my mind お前なんて頭から追い払って 人生のカケラを集めてんだ 単語は• そこで今ではこちらがA面となって「Take Me to the Pilot」がB面と、立場が逆転してしまいました。 曲名の「Saturday Night's Alright for Fighting」は「土曜の夜は喧嘩にもってこい」という意味。 And did you think this fool could never win? Thank You For All Your Loving(サンキュー・フォー・オール・ユア・ラヴィング)はエルトンと改名した後、音楽の才能を募る広告をみたエルトンが音楽出版社を営むディック・ジェームズの事務所を訪れる際に流れた曲。 「蒼い肖像」ならではの寂寥としたムード、消え入りそうなエルトンのファルセットで始まるサビから「Beyond the shadow of a doubt, you're a devil」(でしたっけ?)が入ってくる瞬間の鳥肌が立つような転換、そして・・・えーっと魅力を挙げればキリがない名曲ですよ、あれは!! 忘れていたような(失礼)タイトルが次々と出てきますねえ。 28 「サッド・ソングス」 (Sad Songs Say So Much ) 1984年5月 【動画】 つらいとき、切ないときに励ましてくれる応援歌。 Can You Feel The Love Tonight(1994) の曲。 また、締めのセリフ「Can't you come out to play? この曲を収録した「黄昏のレンガ路」(Goodbye Yellow Brick Road)は、 2枚組として発売された。 ねこねこさんもあげておられた『The Retreat』『Where have all the good times gone』(スタジオライブっぽいカッコイイ仕上がり)は二枚組みシングルに収録されてたでしょうか。 Written in The Stars(1999) リアン・ライムズとのデュエットも話題になった名曲。 ボーイ・ジョージ(カルチャークラブ) 80年代に活躍したイギリスのバンドである Culture Club(カルチャー・クラブ)のボーカルの ボーイ・ジョージは、男性として生まれましたがですが女性装をして活動していました。 I Guess That's Why They Call it The Blues(1983) これもサビで盛り上がる典型的理想的エルトンバラード。 それプラス、このアルバム、ゴスペル調の「The Border Song(人生の壁 」、さらにニュー・オーリンズ・ファンク調のピアノのうねりの大きなソウルフルな名曲「Take Me To The Pilot(パイロットに連れて行って)」と3曲のライブでの大定番があるのに加え、その他3曲ほど、ライブでの演奏頻度が高い曲があるという、エルトンにとって大事な作品です。 「ジャンプ・アップ」収録の「Where Have All The Good Times Gone」ですが、イギリス盤シングル「All Quiet On The Western Front」のB面、もしくはアメリカ盤シングル「Ball And Chain」のB面に入っているこの曲はまったくの別ヴァージョンですので、気になる方は探してみてください。 14 「サクリファイス」 (Sacrifice) 1989年10月 【動画】 結婚の破局について唄ったバラード。 Someone Saved My Life Tonight(1975) はミュージシャンとして大成する前、ガーンドとの関係に悩み、自殺を図ったことがある。 12 「恋にご用心」 (Are You Ready for Love(Remix)) 2003年8月 【動画】 ディスコ調のソフトなロック。 16位:「I Want Love」 2001年 正当な賞賛を受けたアルバム『Songs From The West Coast』からグラミー賞にもノミネートされた1曲。 29 「ブルースはお好き?」 (I Guess That's Why They Call It the Blues) 1983年4月 【動画】 いったん解消していたバーニー・トーピンとのコンビを復活させたアルバム「トゥー・ロウ・フォー・ゼロ」から、 1枚のシングルとして発売された。 You could never know what it's like どんな感じか お前にゃ絶対わからない Your blood, like winter, freezes just like ice まるで冬のようさ 血は氷のように凍って And there's a cold, lonely light that shines from you 寒々とした孤独な光が お前から放たれてるのさ You'll wind up like the wreck you hide behind that mask you use 終いにゃ隠すみたいだぜ いつもの仮面の裏にその残骸をな 単語は• ・Recover Your Soul 続いて97年発表のアルバム『The Big Picture』から「Recover Your Soul」。 8位:「Bennie And The Jets ベニーとジェッツ 」 1973年 エルトンはチャート・アクションへの執着を自認している。 19 「あばずれさんのお帰り」 (The Bitch Is Back) 1974年9月 【動画】 エルトンの「ハードロック」の曲としては最高傑作と評価されている。 ・Oceans Away 最後は一昨年リリースされた最新アルバム『The Diving Board』のリードトラック「Oceans Away」。 「Fontana Box Set — Hits and Rarities Volume 1」という7インチ12枚組のボックスセットにも「Come Back Baby」のシングルは入っています。 歌詞の中に「Take me to the pilot of your soul」と歌われており、直訳は「あなたの魂のパイロットに連れて行って」。 mask「仮面」 「lonely light(that shines from you)」の「that」は関係代名詞(shinesは「輝く」という同士の三人称単数形)である。 2002年のエルトンとヴォーカル・グループ、ブルー Blue のコラボ・ヴァージョンはイギリスのチャートで1位となったほか、がエルトン本人とともにカバーした『Genius Loves Company ジーニアス・ラヴ〜永遠の愛 』に収録された「Sorry Seems To Be The Hardest Word」は、レイ・チャールズが生前最後にレコーディングした楽曲ともいわれる。 タイムレスなシンガーソングライター調の名曲(タイトル曲に「Candle In The Wind」)、そしてロックスター・エルトンの最大のアンセムともいうべき「ベニー&ザ・ジェッツ」で前半を引っ張り、ちょっとライトなリズミカルなポップで中盤をつないで、「Saturday Night Is Alright For Fighting」をはじめとしたハードなロックンロールで後半盛り上げて、フォーク、カントリーっぽい穏やかな曲で最後の方を締める。 」 1976年『Blue Moves』 ・「Kiss The Bride」 1983年『Too Low For Zero』収録 ・「Sacrifice」 1989年『Healing Hands』収録 アーティストコメント 「この1年半は大変でしたが、活動を休止したことで、セッションプレーヤーとしての原点に立ち返り、素晴らしいアーティストたちとコラボレーションする時間ができました。 13 「フィラデルフィア・フリーダム」 (Philadelphia Freedom) 1975年2月 【動画】 エルトンにとって4曲目の全米1位となった。 2位:「Candle In The Wind 風の中の火のように 」 1974年 エルトンとバーニー・トーピンがマリリン・モンローに捧げた「Candle In The Wind」は、1987年にもライヴ盤『Live In Australia エルトン・スーパー・ライヴ 〜栄光のモニュメント〜 』に収録されたヴァージョンがヒットしている。 Goodbye Yellow Brick Road(1973) 初期の名作バラード。 1970年の2作目のアルバム『僕の歌は君のうた』に収録され、元々シングル『Take Me to the Pilot(パイロットにつれていって)』のB面曲だった。 Sorry Seems To Be The Hardest Word/悲しみのバラード Sorry Seems To Be The Hardest Word(悲しみのバラード)は『Blue Moves』に収録された楽曲でファーストシングル。 fade away「消え去る」 「if you need to know(a taste of love in a simple way)」と考えて、どうやって俺が(お前の知らないシンプルな方法で)愛を知り、復活したのか知りたいかもしれない(=また俺に近づこうとするかもしれない) でも、俺は立ち続けてる(決してお前には負けない) だから、お前は退散するしかないんだよという意で解釈した。 Take Me To The Pilot/パイロットにつれていって Take Me To The Pilot(パイロットにつれていって)はヒットシングル『Your Song』のB面に収録された曲。 「エルトン」は、後にソフト・マシーン(Soft Machine)で活躍するエルトン・ディーン(Elton Dean)から取られて、「ジョン」は、この時アドバイスしたロング・ジョン・ボルドリー(Long John Baldry)から取られています。 Looking like a true survivor, feeling like a little kid And I'm still standing after all this time Picking up the pieces of my life without you on my mind I'm still standing yeah, yeah, yeah I'm still standing yeah, yeah, yeah Once I never coulda hoped to win You starting down the road, leaving me again The threats you made were meant to cut me down And if our love was just a circus, you'd be a clown by now You know I'm still standing better than I ever did Looking like a true survivor, feeling like a little kid And I'm still standing after all this time Picking up the pieces of my life without you on my mind I'm still standing yeah, yeah, yeah I'm still standing yeah, yeah, yeah Don't you know that I'm still standing better than I ever did? Don't Let The Sun Go Down on Me(1974) 74年作なのにまったく古臭さを感じさせない片想いをテーマにしたバラード。 Goodbye Yellow Brick Road/グッバイ・イエロー・ブリック・ロード(黄昏のレンガ路) Goodbye Yellow Brick Road(グッバイ・イエロー・ブリック・ロード)は『Goodbye Yellow Brick Road』に収録された楽曲。 Saturday Night's Alright For Fighting(1973) ロックンロールのスタンダードの1つになっている。 17位:「Circle Of Life」 1994年 1994年の壮大なディズニー映画『ライオン・キング』向けにエルトンが手がけたサウンドトラックは、同年だけで500万枚を売り上げてアメリカの映画史で最も売れたアニメーション映画のサントラ盤になった。 Sorry Seems To Be The Hardest Word(悲しみのバラード)はエルトンと母親シーラとの互助会の場面。 A面は「パイロットにつれていって(Take Me to the Pilot)」で、この曲は裏面でした。 16 「人生とは腐った桃のよう」 (Rotten Peaches) 1971年11月 【動画】 1970年代の前半に絶えず良好な曲を生みだし続けたエルトンとバーニー・トーピン。 装いの特徴とは対照的に、歌詞は必ずしもボーイ・ジョージの性的志向を反映したものではありませんが、 「Do You Really Want To Hurt Me」(邦題は「君は完璧さ」)は、ボーイ・ジョージが、バンドのドラム担当のジョン・モス(もちろん男性)に失恋した際の歌だと言われています。 一方、レノンの1974年の曲「真夜中を突っ走れ(Whatever Gets You thru the Night)」に、 エルトンはピアノとコーラスで参加。 Candle in The Wind(1973) ダイアナ妃がなくなった時イギリスにすんでた7才だった僕はテレビ中継でがこの曲を(歌詞を変えて)歌ってるのを聞いて感動して、シングル盤を1万回くらい繰り返して聞いていた。 出典: エルトン・ジョンと言えば、 まずはエルトン・ジョンの一番の代表曲「 ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」を紹介! あまりのメロディの美しさに思わず聴き惚れてしまう名曲ですが、あのジョン・レノンも… 僕ら(ビートルズ)の出現以降、最初に起こった新しいこと 出典: と、この曲を絶賛したことが知られています。 Looking like a true survivor, feeling like a little kid And I'm still standing after all this time Picking up the pieces of my life without you on my mind I'm still standing yeah, yeah, yeah I'm still standing yeah, yeah, yeah I'm still standing yeah, yeah, yeah I'm still standing yeah, yeah, yeah I'm still standing yeah, yeah, yeah I'm still standing I'm Still Standing(アイム・スティル・スタンディング )の歌詞和訳 どんな感じか お前にゃ絶対わからない まるで冬のようさ 血は氷のように凍って 寒々とした孤独な光が お前から放たれてるのさ 終いにゃ隠すみたいだぜ いつもの仮面の裏にその残骸をな * 思ってたんだろ? こんなバカが勝つことはあり得ないって なぁ 見ろよ 俺はまた戻ってきたぜ シンプルなやり方で 愛の味を知ったのさ 知りたがっても 俺はまだ立ち続けてるから お前はただ消え去るだけさ * わかるだろ? 俺はまだ立っている 前よりもずっと強く まるで本物のサバイバー 小せぇガキの気分だよ 俺はまだ立っている 今になってようやくな お前なんて頭から追い払って 人生のカケラを集めてんだ 俺はまだ立っている 俺はまだ立ってるぜ * 以前は 勝とうだなんて願いもしなかった お前は前に進んでいったよな 俺を置き去りにして そうやって俺を脅して 嘲るつもりだったのさ もし俺たちの愛がただのサーカスなら 今はお前がピエロだな * サビ繰り返し 和訳のチェックポイント(単語・文法の解説) 以下、和訳のチェックポイントをまとめておく。 当時はむしろサビの Don't you wanna play this game no more? 9 「ソング・フォー・ガイ」 (Song for Guy) 1978年11月 【動画】 ボーカルがほとんど入らず、楽器だけで演奏されるインストゥルメンタルの曲。 それは「Your Song」やダイアナ妃の葬儀でも演奏された「Candle In The Wind」、映画『ライオン・キング』の主題歌などの有名な楽曲に限りません。 8 「悲しみのバラード」 (Sorry Seems To Be the Hardest Word) 1976年11月 【動画】 恋にやぶれた男性がひたすら悲しむ失恋ソング。 2 「ロケット・マン」 (Rocket Man) 1972年3月 【動画】 エルトンらしいソフトなロックソング。 歌詞を作って曲を作るという作業は才能ありきの お互いの高め方だと思いますが、 お互いの関係を築くためには、 心を開いて、会話や相手を思いやるという交流で 人間関係で美しい歌(曲)をかなでることが できるんだなって和訳をしながら思いました。   20位:「Sorry Seems To Be The Hardest Word 悲しみのバラード 」 1976年 エルトンの過小評価されたアルバムのひとつ『Blue Moves 』からのファースト・シングル。 「I'm Still Standing」のアップビートで力強いアンセムな感じに惹かれ、これがトップ10にもう少しで入るところまでのヒットになって、そこからしばらく間が空いてバラードの「I Guess That's Why They Call It The Blues」が全米トップ10の大ヒットになったことでロングヒットしたんですよね。 17 「リーヴォンの生涯」 (Levon) 1971年11月 【動画】 18 「クロコダイル・ロック」 (Crocodile Rock) 1972年10月 【動画】 とにかく楽しく軽快なロック・ポップ。 Well look at me, I'm a-coming back again I got a taste of love in a simple way And if you need to know while I'm still standing You just fade away Don't you know I'm still standing better than I ever did? 32 「スカイライン・ピジョン」 (Skyline Pigeon) 1969年1月 【動画】 33 「僕の瞳に小さな太陽(ドント・レット・ザ・サン・ゴー・ダウン・オン・ミー)」 (Don't Let the Sun Go Down on Me) 1974年5月 【動画】 壮大なスケール感のある歌。 ・forget — 忘れる And you can tell everybody this is your song It may be quite simple, but now that it's done I hope you don't mind, I hope you don't mind That I put down in words How wonderful life is while you're in the world そして、君はこの歌は君のものだと皆に伝えていいんだ とてもシンプルかもしれないけど、今完成したから 言葉にしたことで、君が嫌な思いをしないでくれたらいいな 君がいる世界はなんて素晴らしいんだ I hope you don't mind, I hope you don't mind That I put down in words How wonderful life is while you're in the world 言葉にしたことで、君が嫌な思いをしないでくれたらいいな 君がいる世界はなんて素敵なんだ この美しい歌詞を作ったのは、エルトン・ジョンの盟友バーニー・トーピンです。 ロックンロールなら「The Bitch is Back(あばずれさんのお帰り)」、バラードなら「Dont Let The Sun Go Down On Me(僕の瞳に小さな太陽)」といった、未だにエルトンの代表曲として語られる名曲もあるわけですからね。 5 「ベニーとジェッツ(奴らの演奏は最高)」 (Bennie And The Jets) 1974年5月 【動画】 エルトンが初めてヒットさせたソウル調の曲。 I'm Still Standing(アイム・スティル・スタンディング )の歌詞 You could never know what it's like Your blood, like winter, freezes just like ice And there's a cold, lonely light that shines from you You'll wind up like the wreck you hide behind that mask you use And did you think this fool could never win? Amoreena /過ぎし日のアモリーナ Amoreena (過ぎし日のアモリーナ)は1970年の『Tumbleweed Connection エルトン・ジョン3 』で残念なことに大ヒットしなかった。 超!貴重版ですね!! フランスギャルとのデュエット『Donner Pour Donner』なんかも良かったし、第二の『Song for Guy』って感じの『The man who never die』もシビレます~ はじめまして。 lady、 Seamstress for the band(青いジーパンのロサンゼルスの女の子、バンドの裁縫師)」で始まる歌詞は、 1960年代から70年代にかけてのカリフォルニアの自由な風土を映し出した詩として親しまれている。 Don't Go Breaking My Heart(1976) であることをカミングアウトした年に発表した、女性ソウルシンガーキキ・ディーのデュエットソング。 I'm Still Standing(アイム・スティル・スタンディング ) の歌詞を和訳します。 26 「マッドマン」 (Madman Across the Water) 1971年11月 【動画】 27 「アイム・スティル・スタンディング」 (I'm Still Standing) 1983年7月 【動画】 1977年に、作詞家バーニー・トーピンとのコンビをいったん解消。 15 「僕を救ったプリマドンナ」 (Someone Saved My Life Tonight) 1975年10月 【動画】 エルトンの自殺未遂について歌った曲。 これですよね! これをやりたくて建てたトピックだと言っていいでしょう! というわけで、ぜひみなさん同士で「ああ! その曲いいよね! 僕も僕も」話で絡み合ってくだされば嬉しいです。.

  • I'm Still Standing(アイム・スティル・スタンディング ) を和訳しました。 オリジナル・ヴァージョンはアメリカでシングル・カットされなかったものの、イギリスでは不朽の名作『Goodbye Yellow Brick Road 黄昏のレンガ路 』からのサード・シングルとして発表。 Once I never coulda hoped to win 以前は 勝とうだなんて願いもしなかった You starting down the road, leaving me again お前は前に進んでいったよな 俺を置き去りにして The threats you made were meant to cut me down そうやって俺を脅して 嘲るつもりだったのさ And if our love was just a circus, you'd be a clown by now もし俺たちの愛がただのサーカスなら 今はお前がピエロだな 単語は• ふうでごうが素敵だな、いいなって思った曲がありすぎて、 どれから手をつけていいのか分からなくなって 手が止まってしまって、 結果多くの時間をネットサーフィンに使ってしまう笑 そんな日々の中でよく耳にするけど、 今まで素通りしていて、 最近、とても気になった またまた、あまりにも有名な曲 Your Song Elton Jon(エルトン・ジョン) をご紹介します。 Bennie And The Jets/ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高) Bennie And The Jets/ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高)は「Goodbye Yellow Brick Road」に収録された楽曲。 ザ・スミスで一番有名な曲は、したことがありますが、 「There is a Light That Never Goes Out」(ゼア・イズ・ア・ライト)でしょうか。 Don't you know I'm still standing better than I ever did? Are You Ready For Love(1979) 70年代ソウルの名ソングライター、提供の楽曲。 Tiny Dancer/可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ) Tiny Dancer/可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ)は4枚目のアルバム『Madman Across The Water』に収録されており、1972年にシングルとしてリリースされた。 Thank You For All Your Loving/サンキュー・フォー・オール・ユア・ラヴィング Thank You For All Your Loving(サンキュー・フォー・オール・ユア・ラヴィング)はエルトン・ジョンが初期に作曲した楽曲で作詞は元ブルーソロジーのメンバーであるカレブ・クエイが手掛けた。 この言葉は小説や映画で有名な「オズの魔法使い(The Wonderful Wizard of Oz)」から取られているそうです。 I'm Still Standing(アイム・スティル・スタンディング )という曲 I'm Still Standing(アイム・スティル・スタンディング )は、1983年に発表されたエルトン・ジョンの楽曲。 1994年のアカデミー楽曲賞にはから3曲(「Circle of Life」、「Can You Feel The Love Tonight」、「Hakuna Matata」)がノミネート、受賞したのはこの曲。 10 「エンプティ・ガーデン」 (Empty Garden Hey Hey Johnny ) 1982年3月 【動画】 ジョン・レノンに捧げた歌。 3 「土曜の夜は僕の生きがい(サタデー・ナイツ・オールライト)」 (Saturday Night's Alright for Fighting) 1973年7月 【動画】 エルトン・ジョンのシングルの中で最もハードなロックソング。 Take Me To The Pilot(パイロットにつれていって)は大成功したライブ後、バーニーはパーティーで出会った美人のヘザーに夢中になり、その場から消えてしまう。 7 「モナ・リザ・アンド・マッド・ハッター」 (Mona Lisas and Mad Hatters) 1972年1月 【動画】 エルトン・ジョン自身が「最も好きな曲の一つ」と公言している歌。 Little Jeannie これも同じアルバムに入ってる、あまりにも同じような感じの曲・・・・(涙) ダニエルみたいだなあ、完全にもう煮詰まってるなあ・・ などとと思いながらも、だからこそここらへんの曲には より思い入れが深くなってしまいます。 30 「人生の壁」 (Border Song) 1970年4月 【動画】 「聖なるモーゼスよ(Holy Moses)」という言葉で始まる宗教的な歌。 I Want Love/アイ・ウォント・ラヴ I Want Love(アイ・ウォント・ラヴ)はアルバム『Songs From The West Coast』からグラミー賞にノミネートされた1曲。 Pinball Wizard/ピンボールの魔術師 Pinball Wizard(ピンボールの魔術師)はイギリスのロックバンド『The Who』の楽曲。 6 「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」 (Goodbye Yellow Brick Road) 1973年10月 【動画】 デリケートで美しいバラード。 Bluesologyの「Come Back Baby」ですが、4枚組ボックス「To Be Continued」の1枚目1曲目に入っています。 「The Retreat」「I Feel Like a Bullet」のライブとかも 捨てがたいなあ。 思ってたんだろ? こんなバカが勝つことはあり得ないって Well look at me, I'm a-coming back again なぁ 見ろよ 俺はまた戻ってきたぜ I got a taste of love in a simple way シンプルなやり方で 愛の味を知ったのさ And if you need to know while I'm still standing 知りたがっても 俺はまだ立ち続けてるから You just fade away お前はただ消え去るだけさ 単語は•  19位:「Mona Lisas And Mad Hatters」 1972年 エルトンの数々のヒット曲はほかの誰にも劣らないが、半世紀に亘りアルバムを作り続けてきた中で、シングル・カットされなかった名曲も数多くある。 君がいる世界は、なんて素晴らしいんだろう! 引用:Your song 歌詞より 和訳 ふうでごう あとがき YouTubeのミュージックビデオが和訳つきだったので、 ふうでごうの和訳の未熟さに驚かれるかもしれませんが、 少しでも世界観をお伝えできるよう、 英語の勉強というか、日本語の勉強もしていきます。 34 「にわとこのワイン」 (Elderberry Wine) 1972年6月 【動画】 35 「ディス・トレイン」 (This Train Don't Stop There Anymore) 2001年10月 【動画】 36 「悲しみのニキタ」 (Nikita) 1985年10月 【動画】 37 「リトル・ジニ-」 (Little Jeanie) 1980年3月 【動画】 38 「サークル・オブ・ライフ」 (Circle of Life) 1994年8月 【動画】 39 「女の子、みんなアリスに首ったけ」 (All the Young Girls Love Alice) 1973年10月 【動画】 40 「グレイ・シール」 (Grey Seal) 1973年10月 【動画】 | | | | 【出典/参考】 ・.

  • .

  • .

エルトン・ジョン、故テイラー・ホーキンスをライブで追悼「真のミュージシャン」

.

  • .

  • .

  • .




2022 www.algorithms.io