ジクロフェナク na。 医療用医薬品 : ジクロフェナクNa (ジクロフェナクNa錠25mg「トーワ」)

Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

💋 インフルエンザの臨床経過中に脳炎・脳症を発症した小児• 薬効薬理. Arthritis Rheum 54 5 : 1378-89. 外傷後の疼痛の鎮痛• 消化性潰瘍• 膀胱炎の鎮痛• 長期投与する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査及び肝機能検査等)を行うこと。

12
後陣痛の鎮痛• コレスチラミンは陰イオン交換樹脂であり、消化管内で胆汁酸、陰イオン性物質や酸性物質等と結合してその吸収を遅延・抑制させる。 コレスチラミンによる吸収阻害を避けるため、コレスチラミン投与前4時間若しくは投与後4〜6時間以上、又は可能な限り間隔をあけて慎重に投与すること。
Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

😭 腎機能に著しい影響を与える薬剤投与中• 2).接触皮膚炎:本剤使用部位に発赤、紅斑、発疹、皮膚そう痒感、皮膚疼痛の皮膚症状が現れ、皮膚腫脹、皮膚浮腫、皮膚水疱・皮膚糜爛等に悪化し、更に皮膚症状が全身に拡大し重篤化することがあるので、異常が認められた場合には直ちに使用を中止し、適切な処置を行う。

ウイルス性疾患の小児• (「重要な基本的注意」の項参照) 小児では、副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与すること。
Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

😋 外傷後の 腫脹の消炎• このため、NSAIDsは漫然と長期間使用し続けないことが推奨されています。 神経痛の消炎• ] インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の患者(「その他の注意」の項参照) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) トリアムテレンを投与中の患者(「相互作用」の項参照) 効能・効果及び用法・用量 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍を再発させることがある。 これは(synovial fluid)の特定の場所のみが高濃度になることによるものである。

16
) 血漿中濃度ならびにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。
Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

🚒 ] 消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること。 また、肝障害に先行して、あるいは同時に急激な意識障害が現れることがある。

結論から言ってしまうと、先発品とジェネリックはほぼ同じ効果・効能だと考えて問題ありません。
Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

😀 重篤な高血圧症• 歯痛の消炎• どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。

16
横紋筋融解症• 食道通過障害• 特に連用する場合は定期的に肝機能検査を行うことが望ましい。
Na ジクロフェナク Na ジクロフェナク

😆 危険因子:腎機能障害 抗凝血剤及び抗血小板薬 ワルファリン レビパリン クロピドグレル エノキサパリン 等 出血の危険性が増大するとの報告がある。 歯痛の消炎• 9.本剤投与中に眠気、眩暈、霧視を訴える患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように十分注意する。

6
] その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊娠中はできるだけ控えることとなっています。