相応 熟語。 【ことわざ100選】有名なことわざと意味一覧

熟語 相応 熟語 相応

🖐 人に頼らず自分の力で、自分の信じるとおりに進んでいくこと。 何事にもとらわれず、のんびりと自然を楽しみながら暮らすこと。

14
家族団欒(かぞくだんらん) 家族みんなが集まって、なごやかに過ごすこと。 働いて自らの学資を得て、苦労しながら懸命に勉学に励むこと。
熟語 相応 熟語 相応

👏 心を引き締めて物事に当たること。 あてにならないことを期待するたとえ。 度量が大きく、頼りがいのあるさま。

3
天を敬い、人を愛すること。
熟語 相応 熟語 相応

☎ 多少の試行錯誤を経れば大部分はわかるが,時に知らない熟語ができてしまい,これでいいのかなと最後に辞書を引いて確かめることもある。

きわめて慎み深く正直なこと。
熟語 相応 熟語 相応

🤛 力の限り懸命に働くこと、力の限り努力すること。 また、「無」は何もないという状態ではなく、禅宗でいう「無」は有と無の二元論を超えた次元の、有も無も全てのものがそこから生じるような「根源」のことを指します。

労することなく、一度の機会で大金を手に入れること。
熟語 相応 熟語 相応

☮ 弱者も追い詰められたら強者に反撃するたとえ。

19
雪隠とは便所のこと。 考えや行いが正しくきちんとしている様子。
熟語 相応 熟語 相応

🐾 ところが、人の心は変化を嫌い、安定を求めてしまいます。 態度が正しくきちんとしていて、りっぱなようす。 意気込みが他を圧倒するほど盛んであること。

7
病気にもならず、災難にもあわないで、健康であること。 転じて崩壊(ほうかい)や敗北などの危機に直面した場面を、一気によい方向に立て直すことをあらわす。
熟語 相応 熟語 相応

⚡ 奮闘努力(ふんとうどりょく) 力いっぱい励むこと。 拳拳服膺(けんけんふくよう) 心に深く刻んで、決して忘れないこと。

9
「あの人はここが分かっていない」などと、他の人をあれこれ言うとき、「もしかして、自分にもそういう部分が無いだろうか」と自分のこととして考えるようにしましょう。